【エンタがビタミン♪】井浦新、10歳時の写真公開も「何の戒め?」「何かありました?」とファン気がかり

TechinsightJapan / 2020年1月5日 15時40分

写真

出演作があとを絶たない俳優・井浦新(45)が、10歳当時の写真をインスタグラムで披露した。昨年12月下旬から屋久島、台湾、アメリカを訪れている様子を多数の写真で報告していた井浦が、突如「戒め」として投稿した10歳の写真にファンは歓喜しつつも「何かありましたか?」と心配しているようだ。

2019年10月期日本テレビ系ドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』で、メインキャストの警視庁公安部・才門要役を演じた井浦新。昨年12月21日に「ノワール回想録 気の優しい清春&名越の中の人たち また逢いたいなぁ」と遊佐清春役の賀来賢人と名越時生役の工藤阿須加との3ショットを投稿した後、インスタグラムは旅先からの写真が主になる。



「冬至に屋久島天文登り 野生の生命力を全身で浴びた」と12月22日に屋久島に滞在していた井浦は「ようやく憧れの屋久島へご挨拶が叶った」と大感動したもよう。25日には台湾へ移動し、今年5月に放送予定の日台共同制作ドラマ『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』(NHK総合)の撮影に勤しみ、30日には「今年の仕事を無事に収めアリゾナを歩いてます」と米アリゾナ州の流れるような曲線が美しいアンテロープ・キャニオンを紹介した。さらにグランド・キャニオン国立公園に立ち寄り、ロサンゼルスへ。元日には俳優・鈴木一真と指で「2020」を作る2ショットやグリフィス天文台から初日の出を披露した。



そして1月3日にはロサンゼルスから直接台湾へ。『路』で今年の芝居初めとなった井浦新だが、このような旅が続いていたなかで4日に投稿したのが10歳のときの自身の写真だ。「10歳のわたしを戒めとしてここに置いておきます」とだけ添えられた写真は、純朴そうな少年だった10歳の井浦が友達か誰かと一緒に撮ったもので、肩に隣の人の手が回されている。



これにファンは「かっこいい」「可愛い」と盛り上がり、「10歳でこんなにお顔が整ってるなんて凄い」「面影ありますね」「もう新さんができあがっている」「イケメンになる気しかしない」「これはモテモテだったことでしょう」などのコメントも。しかし「戒めとして」の部分が気になったファンも少なくなく、「可愛いですが、何かあったんですか」「何かありましたか…?」「い、戒め?!」「急に戒め」「なんの戒め?」「突然の戒め、なぜだかわかりません」「戒め? こちらからすれば喜び」などと気がかりなようだ。

「戒めって何かあったのだろうか。そして10歳の写真をチョイスするのはなぜだろう?」とのコメントもあったが、井浦新は19歳のときにスカウトされたことが芸能界入りのきっかけになったといい、10歳の頃はごく普通の小学生だと想像される。真相は井浦本人にしか分からないようだ。

画像2~5枚目は『井浦 新 | ARATA iura 2019年12月21日付Instagram「ノワール回想録」、2020年1月1日付Instagram「年の瀬にLAへ入り 家族で緩やかに過ごしています」、2020年1月4日付Instagram「10歳のわたしを戒めとしてここに置いておきます」、2020年1月2日付Instagram「謹賀新年」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング