【海外発!Breaking News】2匹は相思相愛 ミーアキャットがネコの“親友”に(露)<動画あり>

TechinsightJapan / 2020年1月18日 21時0分

写真

2本足で立ち、周りをきょろきょろと見回す独特のポーズで知られるミーアキャットは、ディズニー映画『ライオン・キング』では“ティモン”として登場し、相棒のイボイノシシ“プンバァ”と一緒に活躍し人気を博している。そんな映画の世界を地でいくような異種間の仲良しコンビ、ミーアキャットの“スリア(Suria、6)”とネコの“ナイス(Nice、8)”が話題となっている。

オランダ語で「湖のネコ」という意味のミーアキャットは体長30センチ、体重も重いもので1キロと小柄だが、実はマングースの仲間で通常は群れを作り助け合って暮らしている。そんなミーアキャットのオスをペットとして飼っているのは、ロシアのサンクトペテルブルクに住むエカテリーナ・クリエヴァさん(Ekaterina Kuraeva、45)で、“スリア”と名付けて可愛がっている。

エカテリーナさんはスリアを自宅に迎え入れる前から8歳になるオスネコの‟ナイス”を飼っていたが、「スリアとナイスはベストフレンド。24時間べったりなの」と笑う。エカテリーナさんによると、2匹は出会ったその日から意気投合したそうで、今では食事や睡眠、遊ぶのも一緒なのだそう。エカテリーナさんは「スリアは私がナイスを抱っこしようものなら、嫉妬心をむき出しにしてジャンプをしてくるわ。ナイスを取り戻そうと必死なのよ」と語っており、スリアの性格を「ベタベタするのが大好きな甘えっ子」と分析する。

この2匹の様子はエカテリーナさんのInstagramに投稿され、『Metro』『Caters Clips』などが取り上げて拡散している。一緒にじゃれ合ったり、お腹を出して隣同士で眠ったり、毛づくろいをする姿は相思相愛の恋人同士のようである。このニュースには「ほっこり」「なんて可愛いの」「ミーアキャットって意外と社交的なんだね」「2匹は気が合うんだろうね」「心地よさそうだよね」といった温かいコメントがあがっており、2匹の人気は急上昇中だ。

ちなみに意外な仲良しコンビとして、昨年4月にはリスの母親として授乳するウクライナのネコが、2017年11月にはシベリアン・ハスキーと大親友のアヒルが話題になっていた。



画像は『Surya Surikat 2020年1月6日付Instagram「С наступившим 2020 годом!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング