【エンタがビタミン】田中裕二の代役にナベプロタレント続々、太田光も「頭が上がらない」出演条件は「恵俊彰の悪口NG」

TechinsightJapan / 2020年9月3日 13時46分

写真

新型コロナウイルスに感染し入院中の爆笑問題・田中裕二(55)に代わり、4時間生放送の『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)に出演したタレントの中山秀征(53)。当日の午前中にはMCを務める情報番組があるにもかかわらず、急遽代役を引き受けてくれたことに太田光(55)は感謝の気持ちでいっぱいだったようだ。

9月1日深夜放送の『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)には、田中裕二の代役としてアンガールズの2人が来てくれた。中山秀征もアンガールズもワタナベエンターテインメント所属で、爆笑問題とは違う事務所だ。「ナベプロには頭が上がんないよ」と恐縮する太田光にアンガールズは「そうですよ」と笑う。

中山秀征は1985年に松野大介(現・作家)と組んだお笑いコンビ「ABブラザーズ」としてデビューした。同年には『ライオンのいただきます』のアシスタント、そしてラジオ番組『ABブラザーズのオールナイトニッポン』が始まり、当時としては珍しいアイドル的な人気を誇るお笑いコンビとなった。学園祭にも引っ張りだことなり、当時その前座を務めていたのが爆笑問題だったという。太田は「俺らが原発のネタとかやってさ、ドン引きさせて」と懐かしそうに振り返る。1986年にはABブラザーズの写真集が発売され、デパートで行われた発売記念の握手&サイン会には数百人が集まりパニック状態となるほどに。太田はキャーキャー言われる中山らが素直に羨ましいと思っていたが、「お笑いとしてはどうなんだ」「芸人がアイドルみたいに」との声が少なくなかったようだ。その後、ABブラザーズは2人の方向性の違いから解散となり、中山は司会やタレントだけでなく俳優業にも進出。1990年代はバラエティ番組で複数のレギュラーを抱えながら、トレンディドラマでも活躍する人気者へと成長した。

太田は「(中山は)凄い器用だし、俺らからしてみたらもの凄いことなんだよ」「番組に誰が来てもOKだし、バーッて回せるし」と高く評価していたが、「結構ヒデちゃんね、色々批判めいたこと言われてた」「ナンシー関とかが特に“ネタもできないし、どうのこうの…”って」と当時は中山も辛い思いもしただろう―と話す。そんな同業者の声に、太田は「ヒデちゃんの凄さ、分かってねぇんだな」とずっと不満だったという。

このたび中山が『爆笑問題の日曜サンデー』に田中のピンチヒッターとして出演するにあたり、ワタナベエンターテインメント側からディレクターへ要望があった。「ホンジャマカ・恵俊彰に対する悪口」だけはNGということで、さすがに太田も「助けられてる身だから、今日は言わない」と約束を守ったそうである。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング