【エンタがビタミン♪】クロちゃん、声優目指すも小野賢章から厳しい洗礼「しんって何ですか?」

TechinsightJapan / 2020年10月8日 17時20分

写真

お笑い芸人のクロちゃん(安田大サーカス)がゲームアプリのボイスカード声優に挑戦することが分かった。アプリの公式Twitterで担当講師の声優・小野賢章と対面する動画を公開しており、張り詰めた空気を感じたクロちゃんは「きびしいの?」と不安そうにしていた。

クロちゃんはこれまでテレビアニメやゲームにもなった『ムシブギョー』(2013年)で穴山小介役を担当したのをはじめ何度か声優を務めているが、今度はボイスカード声優を目指すという。

『PUBG MOBILE 日本公式』Twitterで10月7日、「あらゆる手を使って芸能界をサバイブしてきたクロちゃんが『PUBG MOBILE』のボイスカード声優を目指して猛特訓することに…」と動画を公開した。

講師の声優・小野賢章は『ハリー・ポッターシリーズ』でハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)の吹き替えを担当したのをはじめ、アニメやゲームと数々の作品で声優を務めている。

その小野賢章が生徒たちに「きびしい授業について来れますか?」と問いかけたところ、「え、きびしいのぉ?」と表情を曇らせたクロちゃん。小野から間髪入れず「きびしいです!」と返されて「あ、はい!」と身を引き締めた。

やる気になったクロちゃんは「頑張るしん!」と意気込んだものの、冷静に「しんって何ですか?」と指摘されてしまい、「あ、頑張ります」と言い直してしょんぼりするのだった。

「〇〇しん」はクロちゃんの口癖のようなもので、話す時だけでなくツイートでも用いる。小野賢章はクロちゃんがいつも「しん」と言うのを知りながらあえて指摘したのだろう。小野が自身のTwitterで改めて「しんって何ですか?」と繰り返したところ、フォロワーらの「しんって何ですか?で吹きましたwww 小野さん最高ですw」、「割とマジトーンで聞き返してて笑っちゃましたww」、「こんなに短いのに最後強烈すぎてめちゃめちゃ面白いです」爆笑を誘った。

PUBGモバイルのボイスカードには雨宮天、小山力也、大塚明夫、小倉唯、田村ゆかり、山寺宏一など豪華声優陣の他にGACKTやROLANDも出演しており、さらに芸人SQUAD A(ダンディ坂野 、ですよ。、とにかく明るい安村、レギュラー)、芸人SQUAD B(桂三度(世界のナベアツ)、コウメ太夫、スギちゃん、長井秀和)というカードもある。

ROLANDはボイスカード収録メイキング映像で「アニメとか見ているので声優さんを素晴らしいなと思っていたが、いざ自分がやってみるとけっこう難しい」と話しつつ、ボイスの内容については「“ROLAND語録”的なセリフでプレイしている方たちに強気になってもらえるような一言」を意識したという。

クロちゃんは『モンスターストライク』のテレビCM「モンストプリズン 収監」篇で「クロちゃんじゃないしん!」というセリフを話していたが、果たしてボイスカード声優を目指すうえで熱血指導の小野賢章は「しん」と言うのを許してくれるのか成り行きに注目したい。

2020.10.10(SAT)Coming Soon…⚡️あらゆる手を使って芸能界をサバイブしてきたクロちゃんが『PUBG MOBILE』のボイスカード声優を目指して猛特訓することに...🐔🔥声優「小野賢章」さんの熱血指導で果たしてボイスカード声優として成長できるのか😎#PUBGモバイル #クロちゃん #小野賢章 pic.twitter.com/BPonbnnqnJ— PUBG MOBILE 日本公式 (@PUBGMOBILE_JP) October 7, 2020

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング