【海外発!Breaking News】妊娠を偽り性別披露パーティまで開催した27歳女 妊婦の腹を切り赤ちゃんを取り出す(米)

TechinsightJapan / 2020年10月14日 18時17分

写真

来月出産予定の妊婦の腹を切り、赤ちゃんを取り出して逃亡した米テキサス州在住の27歳の女が今月9日、約80キロ離れたオクラホマ州内で逮捕された。この事件では妊婦だけでなく赤ちゃんも死亡しており、殺人現場となった小さな町の住民は一様にショックを受けている。『News On 6』などが伝えた。

米テキサス州ボウイ郡ニューボストン在住の妊婦レーガン・ハンコックさん(Reagan Hancock、21)が今月9日、自宅で腹を切られて死亡した。レーガンさんは11月10日に出産予定で、お腹の中の赤ちゃんは取り出されていた。レーガンさんを発見したのは母親ジェシカさんで、午前10時20分頃に警察に通報したがすでに息絶えていたという。

レーガンさんには夫ホーマーさん(Homer)との間に3歳の娘がおり、今年8月にはFacebookで「もう1人可愛い女の子ができたの。ブラックスリン・セージ(Braxlynn Sage)の誕生が待ちきれないわ」と、第2子の名前を披露していた。ジェシカさんによると、妊娠35週目に入っていたレーガンさんのお腹はかなり大きくなっており「生まれるのも時間の問題ね」と話していたそうだ。



この事件で警察は、テキサス州ボウイ郡シムズに住む6歳と10歳の母テイラー・パーカー(Taylor Parker、27)を逮捕しており、2つの第1級殺人罪、誘拐罪などの容疑で起訴した。

『Heavy.com』によると、テイラーは9日午前10時頃、テキサス州内を車で走行中にハイウェイパトロールによってスピード違反で止められた。しかしテイラーが「道路脇で出産したが、赤ちゃんが息をしていない」と訴えたため、パトロール隊員が赤ちゃんに心肺蘇生法を施した。それでも息を吹き返すことはなく、赤ちゃんはテイラーとともに救急車でオクラホマ州マカーティン郡アイダベルにあるマカーティン・メモリアル病院に搬送された。

その後赤ちゃんは病院で死亡が確認され、レーガンさん殺害事件が発覚した午後1時頃、テイラーは逮捕された。テイラーはレーガンさんのお腹を切って赤ちゃんを取り出したことを認めており、「今年2月にボーイフレンドに妊娠したことを話した。生まれてくる赤ちゃんの性別を披露するパーティも開いた。レーガンさんのことはあまりよく知らない」と供述を始めているという。マカーティン・メモリアル病院の医師は「テイラーは妊娠しておらず、出産もしていない」と公表しており、テイラーが妊娠の嘘を隠すためにレーガンさんを殺害した可能性もあるようだ。ちなみにレーガンさんの家族は「テイラーは友人の1人だった」と明かしている。

レーガンさんは昨年結婚したばかりで、友人らは一家のために寄付金サイトを開設した。サイトには「小さなコミュニティに住んでいたレーガンさんは家族と同じ。一家を支えるために協力しよう」「応援するよ」といったメッセージが多数あがり、数日で目標額を超える寄付金が集まっている。

画像は『News On 6 2020年10月13日付「Woman Arrested In Oklahoma, Accused Of Murdering Pregnant Woman And Stealing Baby From Womb」』『Reagan Hancock 2020年9月25日付Instagram「yall are all i need.」』『The Sun 2020年10月12日付「WOMB SNATCHER First pics of pregnant mum, 22, killed along with unborn baby after ‘pal cuts child from her womb’」(Credit: PayPal)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング