【海外発!Breaking News】飼い主に薬を注射されて埋められた犬、自力で這い出し助けを求める(露)

TechinsightJapan / 2020年10月19日 5時45分

写真

ロシアで親切な女性によって保護された犬が、飼い主により生きたまま埋められていたことが明らかになった。犬は自らの力で地中から這い上がり、助けを求めるかのように道路脇をさまよっていたという。『The US Sun』『Mirror』などが伝えている。

ロシア連邦のひとつコミ共和国で9月22日、スィクティフカルとウフタを結ぶ高速道路脇でジャーマン・シェパードのミックスと見られる犬が車で通りがかったオルガ・リストセバさん(Olga Lystseva、39)によって保護された。

オルガさんは仕事のためウフタに車で向かう途中だったが、高速道路脇に1頭の犬がいることに気づいた。その日は雨が降っており、犬は濡れた状態で弱々しく歩いていたという。オルガさんはそのまま車を走らせたが犬の姿が頭から離れず、9マイル(約14.5キロ)ほど走った地点で引き返して犬のところに戻った。

もともと犬が大好きなオルガさんは、車の後部座席にタオルを敷いて濡れた犬を乗せると持ち合わせの食べ物を与えた。そこからウフタまでの93マイル(約150キロ)の移動中、犬は安心したようにずっと眠っていたという。ウフタに到着するとオルガさんは、地元の動物保護団体「Dobry Gorod Ukhta」に犬を託すことにした。

のちに同団体がSNSで飼い主の情報を呼びかけたところ、犬はエムヴァという町で飼われていたという情報が入った。これにより犬の飼い主が見つかり、同団体では彼らとメッセージのやり取りを始めた。

犬の名前は“キリューシャ(Kiryusha)”と言い、飼い主夫婦は「末期の病気を患っていたため、薬によって安楽死させた」と明かした。薬を注射した後に高速道路脇に埋葬したというが、薬は致死量に満たなかったようでキリューシャは生きたまま埋められてしまったのだ。

夫婦は自分達の過ちを認めたものの、その後は同団体の連絡に応じることはなくやり取りが途絶えてしまった。

一方で病気を患っていたはずのキリューシャだが、獣医に診せたところ空腹による衰弱以外は健康に問題がないことが判明した。キリューシャは他の犬と衝突することもなく穏やかな性格で、同団体ではすぐに新しい家族を見つけることにした。

1か月前、飼い主によって死に追いやられる寸前だったキリューシャは現在、新しい家族のもとで幸せに暮らしているという。

画像は『The US Sun 2020年10月12日付「BURIED ALIVE Dog digs himself out of grave and seeks help after cruel owners gave him ‘lethal injection’ and buried him in forest」(Credit: Progorod Uhkta)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング