【エンタがビタミン♪】渡辺徹、セルフレジに心が躍る「カゴに商品を入れたままで料金が!!」と面白がって爆買い

TechinsightJapan / 2020年11月6日 18時28分

写真

俳優の渡辺徹(59)が、妻の榊原郁恵(61)らと一緒に衣類を買いに行った時のエピソードをブログに綴っている。カゴに商品を入れたままで支払い代金が表示されるセルフレジに感動し、つい買い過ぎてしまったようだ。

今年の4月21日からオフィシャルブログ『そこのけそこのけわたなべとおる』をスタートさせた渡辺徹。「昔から新しいモノ好きで、よく分りもしないのに、ホームページを自作して掲示板やってみては断念したり、SNS各種も使ったり使わなかったりでした」と言い、このブログはなんとか長続きさせたいと意気込んでいた。

10月15日のブログでは、結婚33周年を迎えた妻・榊原郁恵と仲睦まじいツーショットを公開している。前日に結婚記念日を迎え、お気に入りのイタリアレストランで家族にお祝いしてもらったという。息子たちからは「花を一本一本チョイスしてきてくれた」花束をもらい、「33年営んできたというのは こういう事なのだなぁーと、あらためて実感した夜であった」と記しており、感慨深い夜だったようだ。



他にもブログでは妻の日常を伝える内容が多く、Nintendo Switch「あつまれ どうぶつの森」に夢中になっている様子や長年畑を借りて野菜を育てていることなどを楽しい文章で伝えている。

11月6日のブログによると、前日に「ユニーくでクロいものも売っている」服飾量販店へ妻や次男と一緒に買い物に行ったそうだ。数年前にも同ブランド店を訪れた経験があるが、「色々と物色しているうちに止まらなくなってしまい」なんと自分の物だけで、買い物かご10個分買ってしまい家族からひんしゅくを買ってしまったのだ。今回は妻から“買い過ぎないように”と釘を刺されたこともあり、「インナー2枚」と渡辺は心に決めていた。しかし会計時に商品についているバーコードを機械にかざして一個一個読み取らせる手間もなく、無線通信によって同時に複数のタグに埋め込まれた情報を読み取ることができるセルフレジが彼の心を躍らせた。「カゴに商品を入れたままで、料金が提示される!!」「商品が丸まったままなのに」「これは面白い!!」と感激した渡辺は、セルフレジを利用するため買い物を繰り返す。結果、買い物かご3個分の商品を購入し、榊原にたしなめられてしまったそうだ。

コメント欄では「あの自動レジ、素晴らしいですよね~どんなに重なっていても、丸まっていても読み取る力。いろいろ試したくなる気持ちはわかります」「私もセルフレジを初めて使った時は、ドキドキとワクワクでした(笑)洋服をたたんで袋に入れるのは、なかなか難しいですが」「最新メカってすごいなぁとつくづく思いましたよ。スタッフも最低人数で済むし、効率いいですよね」「確かにあのレジは凄いですよね! 間違いはないのか?と不安でしたが大丈夫そうですね」と渡辺徹だけでなく、あのセルフレジには感激した方が多いようだ。

画像は『渡辺 徹 2020年10月15日付Instagram「いやー 結婚33周年」、2020年11月6日付Instagram「昨日夕方になってから妻と二男がユニーくでクロいものも売っている服飾量販店に行くというのでくっついていった。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング