【エンタがビタミン♪】アンジャ児嶋、自宅でクリスマス料理を堪能「ここまで尽くしてくれる奥さんがいるなんて」羨む声も

TechinsightJapan / 2020年12月28日 15時30分

写真

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(48)が、妻が作ったクリスマス料理をYouTubeで紹介している。以前からインスタグラムでも妻の手料理を公開しており“料理上手”と評判だったが、児嶋が本当に美味しそうに食べているので見ている側も幸せになる動画だ。

児嶋一哉の妻は元タレントで、彼が初めて交際した女性だったという。児嶋が22歳、彼女が19歳のときに出会い、15年の交際期間を経て結婚。現在は2018年から飼い始めたマルプー(マルチーズとトイプードルのミックス犬)の雌“ネネちゃん”も一緒に、夫婦仲良く暮らしている。児嶋を下積み時代から支え、食に興味が無く肉や野菜の種類もろくに知らなかった彼に、心がこもった手料理で食べることの楽しさを教えたのが妻だった。

『児嶋一哉 kojikojikoji47 Instagram』には、彼の誕生日やクリスマス、ある日の夕食やお弁当など妻の手料理が度々登場している。写真に添えられた「#家飯が好き」「うめぇ~」というコメントは児嶋らしく、言葉は少ないが妻への感謝がひしひしと伝わってくる。今年7月からスタートした公式YouTubeチャンネル『児嶋だよ!』でも誕生日ディナーのもようを公開し、大変好評だった。



12月25日公開の「児嶋がクリスマスに奥さんの手料理をたくさん食べる平和な動画」には、愛犬・ネネちゃんにも特別なディナーが用意され、こちらも妻のお手製だ。

今年のクリスマスのメニューはまるごとローストチキン、ラザニア、キャロット・ラペ、サーモンとアボカドのカルパッチョなど盛りだくさんだ。児嶋は誕生日の動画と同じく美味しそうに食べるものの、「うまい」「最高」ぐらいしか料理の感想が出てこない。それでも向かい側に座っている妻は、彼が食べている様子を見ながら楽しそうに笑っている。児嶋はクリスマスに外食するのではなく、妻が腕を振るった料理を食べることが毎年楽しみになっているという。



コメント欄では「料理をニコニコ美味しい美味しいって言いながら食べる児嶋さんも素敵過ぎる。こんなに美味しそうに食べてくれるなら作りがいがあるわぁ」「奥様の手料理、盛り付けのセンス含めてお世辞一切ナシにして、最高に美味しそうだし完全にお店の料理すぎる…!」「児嶋さん夫婦になりたい…児嶋さんのような夫さんと結婚したいし、奥さんのような妻さんと結婚したい」「児嶋さん幸せだ。ここまで尽くしてくれる奥さんがいるなんて」「手料理シリーズ、奥様シリーズ、もっと増やして欲しいくらい大好きです」など、奥様の手料理がもっと見たい―という声も多数あがっている。ぜひ2021年のYouTubeで、公開を期待したいものだ。

画像2~4枚目は『児嶋一哉 2020年7月17日付Instagram「48歳の誕生日妻に作ってもらった~!」、2020年4月17日付Instagram「貰ったパックしたらネネが滅茶苦茶見てくる」』『アンジャッシュ児嶋一哉 2020年12月25日付Twitter「児嶋がクリスマスに奥さんの手料理をたくさん食べる平和な動画」』のスクリーショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング