【エンタがビタミン♪】匂わせ投稿からの炎上も“時が解決” 小池徹平が愛妻と35歳の誕生日祝う

TechinsightJapan / 2021年1月7日 11時28分

写真

歌手で俳優の小池徹平が35歳の誕生日を迎え、妻にキーケースをもらったことを報告した。いつまでも若々しい小池が35歳の誕生日を迎えたことに対して、ファンからは「こんな可愛い35歳どこ探してもいない」という声があがった。

6日、小池徹平(35)が自身の公式Instagramを更新。新年の挨拶とともに35歳の誕生日を迎えたことを報告した。さらに妻から誕生日プレゼントとしてもらったキーケースを披露した。

「家族にお祝いしてもらい、プレゼントももらって、いつも通りに酔っ払って幸せな時間です」とおノロケ全開の小池。投稿を見たファンからは多くの祝福の声が寄せられた。小池が35歳になったことに対して「35歳には見えません」「こんな可愛い35歳どこ探してもいない」と驚きの声もあがっていた。



翌6日、小池の妻で女優兼心理カウンセラーの永夏子(37)も公式ブログを更新。小池の誕生日当日の様子を綴った。朝早くから1歳になる息子を連れて買い出しに出掛け、小池が起きる前に部屋の飾りつけを終わらせたという。



小池が長年愛用したキーケースが古くなったことから、誕生日プレゼントにはキーケースを選んだそうだ。小池は一度気に入ると同じものを使い続けるそうで、過去にはプレゼントしても“落選”した物もあったという。今回のキーケースは小池も気に入ってくれたようで、永は「ひと安心」と安堵していた。

誕生日を迎えた小池の様子について「ちょっといいお酒を飲みながら」「幸せそうにゆっくり過ごしておりました」と報告。「感謝の気持ちでいっぱいになる誕生日」と、家族水入らずで過ごした誕生日を振り返った。

小池と永は約3年間の交際を経て2018年11月に結婚を発表。永は翌年9月に第1子男児を出産している。小池は公式Instagramに息子とのツーショット写真を公開することもあり、昨年4月には息子のおむつを交換するショットを披露している。ファンからも「イクメン」「徹平パパ頑張れ」と好評だ。

今となってはファンにも認められている2人だが、交際中や結婚当初はファンからの反発の声もあった。小池と永は2018年10月発売の写真週刊誌『FLASH』で熱愛が報じられ、小池は「今のところ結婚の予定はない」とするものの交際自体は認めていた。

実は、ファンの間では2015年頃から2人の交際疑惑があったという。永は2015年7月、自身のInstagramに小池愛用のギターの写真を投稿。その後も2人揃って同じ健康ジュースをInstagramで紹介するなど、匂わせ投稿を連発していた。SNSでの匂わせ投稿を嫌うファンは多く、2人のそのような行動が一部ファンの反感を買ってしまった。

そんな炎上騒動がありつつも“時が解決してくれる”という言葉の通り、2人はファンにも受け入れられるようになった。小池は結婚を機に“良いパパ”として好感度爆上げ中だ。家族という支えを得た小池が、今後俳優や歌手としてどのような進化を見せてくれるかが楽しみである。

画像2~4枚目は『Teppei Koike 2021年1月6日付Instagram「明けましておめでとうございます」、2020年9月18日付Instagram「今日は息子に買い物に付き合ってもらいました。」』『永夏子 2021年1月6日付オフィシャルブログ「いちごの日」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 すぎうら)

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング