1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

【海外発!Breaking News】マクドナルドのドライブスルーで注文を断られた親子、それを見た12歳男児が購入した商品を手渡す(英)

TechinsightJapan / 2021年2月1日 5時0分

写真

マクドナルドのドライブスルーにて、徒歩で訪れた父子が注文を断られている姿が目撃された。他の人が代わりに買うと申し出ても「ルール上できない」と店員は断ったため、為す術なく父子は立ち去った。しかしこの親子を見た12歳の男の子は、購入したハッピーセットを父子に手渡したのだ。男の子の行いには「素敵な子に育ったね」といった声があがり、「歩きでも注文をさせてあげればいいのに」とマクドナルド側を批判する意見も寄せられた。この騒動にマクドナルド側は釈明のコメントをTwitterに投稿している。『Yorkshire Evening Post』などが伝えた。

英ウェスト・ヨークシャー州リーズ市ハンスレットのマクドナルドで、ドライブスルーの列に徒歩で来た父子が並んでいた。そのまま注文しようとすると、店員は「規定上、車でなければ販売することはできない」と父子の注文を拒否したという。

この父子の後ろに車で並んでいたのは、薬剤師のシェリー・クレアさん(Sheree Claire、39)と息子のナイアル君(Niall、12)だった。シェリーさんは父子の代わりに一緒に買うとスタッフに申し出ると、「コロナ禍のルール上、それはできません」と断られてしまったのだ。

このやり取りを見て心を痛めたナイアル君は、自分の分として注文したハッピーセットを、父子にプレゼントしたのだ。シェリーさんは当時の様子について次のように語っている。

「幼い子が食べたがっているのに、誰も買ってあげることが出来ないのですよ? それを見たナイアルが自分のハッピーセットを、注文できなかった親子のもとへ持っていったのです。ナイアルの行動は本当に誇りに思います。もちろんナイアルはマスクをして渡していましたし、私達が窓口で買って渡すのと大差は無いと思いますね。」



実はナイアル君、昨年のクリスマスの時に自分のプレイステーションを売り、そのお金で3歳の妹に2つのクリスマスプレゼントをあげるという優しい心の持ち主だ。ナイアル君はこの父子が置かれた状況を理解して、自身の良心に従って行動したようだ。

シェリーさんが男の子の父親から許可を得て1月28日にTwitterで今回の件をシェアすると、ユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「少年、よくやった!」
「本当に心の優しい子だね。お母さんは鼻が高いだろうね」
「こんな子に育つなんて、良い環境で育ったんだろうな」
「マクドナルドは恥をかくべきだね」
「別に歩きでも注文させてあげればいいのに」

大きな反響を受け、イギリスのマクドナルドは公式Twitterにて次のように釈明した。

「安全上の都合により、ドライブスルーに徒歩で来たお客様の注文を受けることができません。このような場合、お客様を店内のカウンターへご案内して注文を受け付けていますが、残念ながら今回のお客様は帰られてしまったようです。この件に関しまして、スタッフがお客様と適切なコミュニケーションが取れていなかったように思います。混乱させてしまい申し訳ありませんでした。」

画像は『The Sun 2021年1月30日付「HAPPY TO HELP Boy, 12, gives away his Happy Meal to family without car at McDonald’s drive-thru after restaurant refused to serve them」(Credit: Triangle News)』『sheree claire 2021年1月28日付Twitter「A guy tried to take his son for a happy meal today , but didn’t have a car.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング