1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【エンタがビタミン♪】おぎやはぎ矢作、体は「ずっと洗わない」 子供の頃に母親に洗ってもらって以来、基本“洗わない”派

TechinsightJapan / 2021年2月26日 16時10分

写真

一日の終わりにボディソープや石鹸を使って体を洗う人は多いだろうが先日、俳優・窪塚洋介がテレビ番組で20年以上体を洗っていないことを告白して話題となった。他にも同じ入浴法を実践している人たちがいるようで、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼も長年体を洗っていないという。

タレントのタモリが実践している入浴法は、体を石鹸やボディソープで洗わず38℃程度のお湯に浸かって汚れを落とすというもので、「タモリ式入浴法」と呼ばれている。

おぎやはぎの矢作兼も「タモリさんの入浴法を知る前から、ずっと洗わないよ」と、これを長年実践していると25日深夜放送TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』で語った。「体なんて洗ったってしょうがないだろ」と言い切る矢作に、「体は石鹸で洗ってるね、バリバリよ」という小木博明は解せないようだ。

矢作は「子供の頃、お母さんとかに洗われていたけど、それ以来洗っていないんじゃないかな」というから、どうやら風呂に一人で入るようになってからは体を洗ったことが無いようだ。海やプールに入っても体を洗わない矢作だが、例外は芸人という仕事柄だろうか、泥まみれになるなど酷く体が汚れたときで「それ以外は洗わない」と断言した。ちなみに髪の毛は「ワックスつけているから洗うけど、つけてなければ洗わない」と整髪料を落とすために洗っているという。

「全然汚くないんだよ、俺の体」と自信を持って語る矢作は「汗かくのよ。汗はかくけど『矢作さんのは完全に無臭』だって」とスタイリストからの証言を紹介し、「肌は昔からすごく褒められる」と周囲からの評判も口にした。「汗は本来無臭だが疲労やストレスにより臭くなるらしい」とリスナーからメールが届くと、他にこの入浴法を実践している有名人として福山雅治、ローラ、妻夫木聡がいることを挙げ、タモリや窪塚洋介も含めて「確かにこのメンバー見てるとさ、みんな疲れてなさそう。自由にやっているような感じがするよ」と小木は納得していた。

窪塚洋介も髪の毛はシャンプーをつけて洗うというが、近年はお湯だけで髪を洗う「湯シャン」も流行っているようだ。ハワイ在住のタレント・吉川ひなのは2019年5月にブログを更新。「娘と息子は、独自の『洗わない育児』ということをしてみていて。その名の通り、基本、洗わないの」「基本湯シャンです 様子を見て必要なときはシャンプーをします。」と明かしている。息子の頭はいい匂いがするそうで、その匂いを吉川が嗅いでいる写真も投稿した。またタレントの鈴木蘭々も、丸2か月間湯シャンを続けた結果を今年1月にブログに綴った。「シャンプーを毎日使っていた頃よりも明らかに抜け毛が減っている気がする…」などと効果を実感したそうだ。



しかしネット上ではこれらを実践している人について「こっちが体調悪くなるほど臭いのでやめてもらいたい」「この手の体の洗い方してて、垢が溜まってる人います」といった声や、「衛生面で最低限のマナーは守らないと」「こだわりは個人の空間だけにして」などの意見も見受けられる。臭いにより周囲を不快にさせる「スメハラ」(スメルハラスメント)になっては問題なので、むやみに真似をするのではなく、合う・合わないなどそれぞれの体質などと相談する必要があるようだ。

画像2、3枚目は『吉川ひなの 2019年5月24日付オフィシャルブログ「洗わない育児」』『鈴木蘭々 2021年1月13日付オフィシャルブログ「湯シャンのススメ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング