1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. 国際総合

【海外発!Breaking News】結婚式でゲストを呼べなかったカップル ペットのブタを出席させて笑顔で記念撮影(オランダ)

TechinsightJapan / 2021年9月9日 6時0分

写真

“ベイブ(Babe)”という名のブタが、パンデミックによる規制により結婚式にゲストを招待することが叶わなくなり落ち込んでいたカップルに笑顔を取り戻した。ゲストの代わりに唯一の出席者となったベイブは一緒に写真撮影などを楽しんだが、カップルは「ベイブ無しの結婚式は考えられなかった」と振り返っている。『New York Post』などが伝えた。

3年前にカリブ諸島で出会ったハンナ・ディバインさん(Hannah Divine、25)とグレン・ディバインさん(Glenn Divine、28)は現在オランダで生活しており、今年の6月に結婚式を挙げようと計画していた。

英コーンウォール出身のハンナさんは、地元に住む家族や友人たちにも結婚式に出席してもらおうと考えていた。ところがパンデミックによる規制のため、招待しようとしていたゲストのほとんどがオランダへ向かうことができないことになってしまった。

2人はゲストを呼ぶことを諦め、自分たちだけでひっそりとお祝いすることに決めた。人生の大きなイベントである結婚式がスムーズに進まず落ち込んでしまってもおかしくなかったが、ペットでミニ・ポットベリーピッグという種類のブタの“ベイブ(Babe)”がこの状況をポジティブに変えてくれた。

結婚式の唯一のゲストとしてベイブに出席してもらうアイディアを思い付き、これがハンナさんとグレンさんに明るい笑顔をもたらしてくれたのだ。そして着飾ってベイブと共にウェディングフォトの撮影を行った。

「控えめに言っても、ベイブは本当に良い仕事をしてくれましたよ。写真撮影中はとても大人しくしていて、私たちの言うことを完璧に聞いてくれました。その日、ベイブが注目の的になることは分かっていましたし、実際にベイブはまさに主役でした。」



当日は行儀良く振舞っていた様子のベイブだが、ハンナさんとグレンさんは何か問題が起こるのではないかと心配していたという。ハンナさんは「念のためにおやつとしてラズベリーを用意していました。幸いなことに、この日ベイブは腹ペコの振りをしてブタのように食べるようなことはしませんでしたけどね」と冗談を交えて話す。



ベイブも式を楽しんでいたようで、ハンナさんや撮影陣からたくさんおやつをもらい、いつもより少し早く眠りについたそうだ。

その後パンデミックの規制が緩和されると、ハンナさんとグレンさんはオランダで人間のゲストを招待して改めて結婚の宴を開いた。家族や親しい友人とお祝いできて一安心だったが、それでもハンナさんは「ベイブ無しの結婚式は考えられなかったですね」と語っている。

ベイブを飼い始める以前、ハンナさんとグレンさんは犬を飼おうと考えていたという。しかしハンナさんは配管工、グレンさんは大工として働いていたため忙しく、犬を飼うのは手間がかかりすぎると判断した。そして話し合いの末にミニブタなら飼いやすいという結論に至り、早速農場へ行って子豚を家族として迎え入れる手続きを行った。

ハンナさんは「6週間後にその農場に到着する子豚のために頭金を払い予約しました。ところが思ったよりも早く連絡がきて『生まれたばかりでまだうちにいる子豚の引き取り手を探している』ということでした。私たちはすぐにその子を引き取ることに決めました」と明かし、予定よりも早くベイブを家族に迎え入れたそうだ。



ベイブについてハンナさんは「甘えん坊の一人っ子のようですよ。私たちを飽きさせることもなく、いつも笑顔にしてくれます。ミニブタを飼うことを『猫のような性格を持つ、足がハンマーの3歳児がいるようなもの』と表現しているのを目にしたことがありますが、まさにその通りだと思いますね」と笑顔で明かした。

画像は『New York Post 2021年8月30日付「Think your bridesmaid was extra? This one was a real pig」(Marly.Photographs / Caters News)(Caters News)』『Hannah Devine 2021年8月6日付Instagram「When your best friend becomes your husband」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング