【イタすぎるセレブ達】ジェシカ・シンプソン、“激太り&激ヤセ”がファッション業でプラスになっていた。

TechinsightJapan / 2014年5月19日 16時0分

写真

こんなにスリムでキレイになったジェシカ・シンプソン

2012年に長女、2013年には長男を出産したジェシカ・シンプソンは、妊娠するたびに体重が大幅に増え驚異の激太りで世間を驚かせた。しかし今ではダイエットに成功し、こんなにもスッキリ綺麗に。そんなジェシカがあるイベントに登場し、大成功したファッションラインと体型の激変を絡めてコメントした。

このほどジェシカ・シンプソンが「The Forbes Women's Summit」なる会議に出席。そこでジェシカはチェアマンに対し、このようにファッション業界での大成功を語っている。

「私はこの惑星上のありとあらゆるサイズの体になったことがあります。だからこそ女性というものをしっかり理解できるのです。」
「(そういう経緯があるおかげで)女性にどのような服を着せるべきかが分かるようになりました。」

ボムシェルと呼ばれるほどセクシーだったジェシカは、加齢&妊娠により肥満体型に。今はダイエットに成功しモデルのようなスリム体型を維持しているが、太ったり痩せたりを経験したことがファッションの仕事には非常に良い影響を与えたという。

「実に様々な体型があるわけです。世界はロサンゼルスとニューヨークだけじゃありません。私にはアメリカの中間、またそこにいる人たちの考え方が理解できているということです。」

かつては“巨デブ”と散々叩かれたジェシカだが、その悔しさをバネに痩せたうえ仕事にもその経験を生かせたのだ。今ではジェシカを多くの人々が勝者とみて尊敬しており、「確かにいろいろな服がそろっている」、「ジェシカのファッションラインは実に良い」という声も多い。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング