【エンタがビタミン♪】B'z 稲葉浩志に“ストイック伝説”の真相を確かめる。「夏でも鍋を食べるのは本当か?」

TechinsightJapan / 2014年5月21日 18時0分

写真

『稲葉浩志 / Okay』より(画像はYouTubeのスクリーンショット)

B'zのボーカリスト・稲葉浩志がソロアルバム『Singing Bird』のプロモーションでラジオ番組に出演した。B'zの時とソロで楽曲を作る時の感覚の違いなどについて語った稲葉は、歌手としてストイック過ぎるほど体調管理をするという“都市伝説”についての質問にも答えてくれた。

5月21日に4年ぶりとなるニューアルバム『Singing Bird』をリリースした稲葉浩志がその前日、20日の『坂本美雨のディアフレンズ』(TOKYO FM)にゲストとして登場した。

『Singing Bird』で使用したレコーディングスタジオの周辺が、鳥の鳴き声が聞こえる環境だった。いろいろな鳥の声を聞くうちに警告や求愛などさまざまな鳴き方があることに気づいた。「僕も歌でそんな風にいろいろなことを伝えられたら」と思いながらアルバムタイトルを考えついたそうだ。

稲葉は散歩中などに思い浮かんだ“言葉”を電話のメモなどに記録している。その集まった言葉たちから光るものを選んで、歌詞になる。B'zでは完成した曲に歌詞をつけていくが、ソロの場合はそうやってできた歌詞にギターを弾きながらメロディーをつけていく。そこがソロの楽曲の特徴となっている。

とつとつとアルバムについて語るそんな彼に、パーソナリティの坂本美雨が「歌手としての稲葉浩志さんはすごくストイックだという“都市伝説”があって、是非、確認させていただきたい」と次のような噂についてズバリと質問した。

「ツアー中にはどの会場でもクーラーを使わない」という件について稲葉は「きんきんに冷えてしまうので、楽屋とホテルはほとんどクーラーは切っていますね」と認めた。

情報によると「楽屋では廊下からの冷気を避けるために、扉の縁を目張りで密封処理する」らしい。また、「体温を低下させないために温かい湯船に浸かる」、「冷たい飲食物を避け、温かいハーブティーを愛飲する」という。

坂本美雨が「夏なのに、熱い鍋を食べるというのは本当ですか?」と確認すると、彼は「それは、好きだから食べているだけでストイックというわけではない」と答えており、何をやってもストイックだと見られてしまうところもあるようだ。

普段は集中的にトレーニングをやるが、逆にツアー中はハードなトレーニングは避けている。「LIVE自体が体力を使うのでオーバーワークにならないように注意している」という。ツアー中には体重も落ちていくので「米をいっぱい食べる」と食生活にも配慮している。

以前、同番組に出演した長渕剛がツアーでは「各地でトレーニングにいい坂がないかを探して、毎朝、何十回もダッシュする」と話したことを坂本美雨が伝えると、さすがの稲葉浩志も「それこそが、ストイックですね」と感心していた。

B'zを結成して26年間。「フィジカルな面が強調されるようなステージングを選択してしまったんで、これからもそれを続けるしかない」という稲葉浩志。ストイックに体調管理しながらこれからも気合の入ったステージを見せてくれることだろう。

彼のソロライブ『Koshi Inaba LIVE 2014 ~en-ball~』が6月5日(木)~6月20日(金)まで、品川ステラボールで開催される。稲葉も「同じ場所で10日間というのは初めて」だと楽しみにしており、ステージングやセットリストを考えているようだ。



※画像はYouTubeのスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング