【エンタがビタミン♪】『宇宙兄弟#0』本編映像初解禁。「伝説の宇宙飛行士、ブライアン・J」が登場。

TechinsightJapan / 2014年6月27日 12時0分

写真

映画『宇宙兄弟#0』の劇場公開を前に本編映像が初解禁となった。本作で重要な人物となる“伝説の宇宙飛行士、ブライアン・J”も姿を現す。僅かな時間ながら彼の存在感と六太や日々人との関係を想像して心がざわつく映像だ。

コミックやテレビアニメの作品で老若男女から愛される『宇宙兄弟』。その“夢の原点”を原作者・小山宙哉氏によるオリジナル脚本で描く劇場アニメーション『宇宙兄弟#0』が8月9日(土)より全国ロードショーとなる。

今回解禁となった映像では、原作コミックやアニメでは故人として描かれてきた“伝説の宇宙飛行士、ブライアン・J”が登場する。

彼は、南波兄弟よりも先に、兄のエディ・Jとともに兄弟で月に立つことを夢見たもう一組の“宇宙兄弟”なのだ。ベテラン飛行士の彼が、日々人の宇宙飛行士としての資質を見抜き、月ミッションに決まった自身のバックアップクルーに彼を指名した。
 
宇宙飛行士として日々人に大きな影響を与えたブライアンだが、任務を終えた後の地球着陸時に不慮の事故で命を落としてしまう。宇宙飛行士として、日々人に大きな影響を与えたブライアンの死が六太と日々人にもたらしたものとは―。

本作で、二人が宇宙をめざす本当の理由が、ついに明らかになる。まだ描かれていない“本当の始まり”なのだ。

「約束だ。俺らは二人で宇宙飛行士になるぞ」

幼い頃に誓った宇宙飛行士への夢 ― 兄弟揃って月に立つために、兄・南波六太と弟・日々人は、幾多の苦難を乗り越え、果てしない夢に一歩ずつ近づいていく。

2008年に週刊漫画雑誌モーニングで連載開始された『宇宙兄弟』。その巧みな物語構成に、私たちは興奮し、涙した。単行本は1400万部を突破し、2012年のテレビアニメ化および実写映画化を経て、全世代注目の国民的作品となった。

そして2014年夏、その夢の原点が、原作者・小山宙哉オリジナル脚本によってシリーズ初のアニメーション映画となる。

これは、漫画でもテレビアニメでも見ることができない、宇宙兄弟第0話である。

『宇宙兄弟#0』本編映像初解禁について詳細は公式サイトにて(http://www.uchukyodai-movie.com)

原作:小山宙哉(講談社「モーニング」)  監督:渡辺歩   脚本:小山宙哉  音楽:渡辺俊幸
主題歌:ユニコーン「早口カレー」「Feel So Moon」(Ki/oon Music)  アニメーション制作:A-1 Pictures  
声の出演:平田広明(南波六太)、KENN(南波日々人)、有本欽隆(エディ・J)、大塚明夫(ブライアン・J) ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画  コピーライト:(c)宇宙兄弟CES2014
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング