【イタすぎるセレブ達】ジャスティン&セレーナ、ニューロマンスで張り合う。狙いは互いの嫉妬心?

TechinsightJapan / 2014年7月12日 14時0分

写真

(モデルとの恋は本物?)

しばしの破局状態を経てデートを再開したものの、ステディな関係に戻ることなくまた離れてしまったジャスティン・ビーバー(20)とセレーナ・ゴメス(21)。そんな中、2人はそれぞれ新たなロマンスをスタートしたようにも見えるのだが…。

ここしばらく、美人モデルのヨヴァンナ・ヴェンチュラ(Yovanna Ventura、18)と良い雰囲気になっているジャスティン・ビーバー。今度はこの写真をインスタグラムにて公開し、「Dinner for 2(ディナーは2人分)」とのキャプションを添えてファンを驚かせた。

その一方で、ジャスティンとの関係に傷ついたとされるセレーナ・ゴメスもムーブオンを開始したもよう。2枚目の画像はマイリー・サイラスの映画にも出演経験のある俳優兼モデルのTanz WatsonがTwitterで公開したもので、これを複数メディアが大きく取り上げている。

そんな2人の動向に、関係修復を願ってきたファンは困惑しきり。ジャスティンのインスタグラムには「大人になって」「誰と一緒にいたいのか決めなくちゃ」というコメントが寄せられており、セレーナのインスタグラムにも「あなたはフシダラよ」という批判コメントが書き込まれている。“ジャスティンとセレーナは互いを嫉妬させようと躍起になっている”“まだ互いに未練があるのではないか”という説もあるが、真相は不明だ。

※1枚目の画像は、『Instagram justinbieber』のスクリーンショット。
※2枚目の画像は、twitter.com/TanzWatsonのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング