【イタすぎるセレブ達】サンドラ・ブロック邸へのストーカー侵入事件。驚愕の事実が続々明らかに。

TechinsightJapan / 2014年7月17日 11時0分

写真

(恐怖体験に震えたサンドラ)

今年6月に、女優サンドラ・ブロック(49)の自宅に侵入したストーカー男が逮捕された。その時の様子がこのほど明らかになり、サンドラのファンもそうでない人々も震え上がっている。

サンドラ・ブロック邸に勝手に忍び込んだ男が、6月に逮捕され大騒動になった。当日の流れを記した警察の文書によると、その晩午前1時頃に邸宅内で大きな物音がすることに気付いたサンドラは、安全を確保すべく寝室に避難。すぐに寝室のドアを閉め鍵をかけるなり通報したという。その際に黒っぽい服を着た男が廊下にいるのを目撃したというから、サンドラも恐怖と驚きで震え上がったはずだ。ちなみに警官隊の到着に驚いた男は、こんな風に叫んだそうだ。

「サンディー、ごめんよ! お願いだから俺の刑事責任を問うようなことはしないでくれ!」

また男は雑誌の切り抜きを多数貼り付けたノートを持っていたが、そこには直筆でこのように書かれていたという。

「俺は君と息子のことを永遠に考えていく。だって君は法的にも俺の妻だし、神もそれを認めているんだから。君は俺のものだし、俺は君のものだ。」

さらに男はサンドラについて「ホットで知的」などとも綴っていたとのこと。その歪んだ愛情と思い込みが爆発した末の侵入事件に、世間はストーカーの恐ろしさを改めて痛感している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング