【イタすぎるセレブ達】シュワと共演した『シックス・センス』のオリヴィア・ウィリアムズ、46歳目前の活躍ぶり!

TechinsightJapan / 2014年7月24日 13時30分

写真

(シュワとの共演が話題に。)

映画『シックス・センス』(1999年)でブルース・ウィリスの妻役を好演し、そのミステリアスな美しさで観客を魅了したオリヴィア・ウィリアムズ(45)。そのオリヴィアが最新映画『サボタージュ』にてアーノルド・シュワルツェネッガー(66)と共演した。

66歳にして、なおも第一線で活躍するアクションスターのアーノルド・シュワルツェネッガー。そのシュワが最新主演作『サボタージュ』にて共演したのが、『シックス・センス』での演技が光ったオリヴィア・ウィリアムズだ。同作品でオリヴィアはアトランタ市警の刑事キャロライン役を熱演。ニコール・キッドマン(47)、サンドラ・ブロック(49)、キャメロン・ディアス(41)といった40代女優が目覚ましい活躍を続けるハリウッド映画界だが、今月46歳になるオリヴィアも同作品で存在感を見せつけている。

さてそのオリヴィアのトレードマークが、この凛々しいショートカットだ。映画の役に合わせてロングのヘアエクステンションにも挑戦した経験があるというオリヴィアだが、さらに短く刈り込んでいた時期には男性に間違われたこともあるそうだ。

そんなオリヴィアについて、シュワは「強い女性を演じながらも魅力的なセクシーさを表現できる才能がある」、またデヴィッド・エアー監督も「アーノルドの男らしさと釣り合うタフな女性キャラクターが不可欠だった。オリヴィアは完璧。アーノルドとの相性も抜群で、まるでマジックのようだったよ」と彼女を評している。ストーリーの面白さ、スリリングな展開、魅力的な出演者たちが話題の映画『サボタージュ』は、今年11月より全国公開となる。

11月、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
(c)2013 DEA Productions, LLC All Rights Reserved.
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング