【エンタがビタミン♪】クリス松村、過去の「裏切り」を告白。食品の安全性を訴える。

TechinsightJapan / 2014年7月28日 12時0分

タレントのクリス松村が、今話題となっている中国の「食品安全問題」に関連して、過去に自身が体験した「怖い経験」をオフィシャルブログで告白している。

「食品安全問題」とは、日本マクドナルドなどに鶏肉加工食品を輸出していた中国の食品加工会社「上海福喜食品」が使用期限切れの肉を加工していたなど、劣悪な加工環境が明らかになった事件だが、このニュースを聞いた時、クリスは「またか…」と思いながらも、事実を明らかにした中国の報道に驚きも感じたようだ。

クリスは以前、中国のマクドナルドで食べたハンバーガーの味が日本と全く違うことに気づき、それ以上食べなかったことを告白。「もしかして…」と、同じく使用期限切れの可能性があったのではないかと指摘している。

また、同様の問題は日本でもあったことを明かした。以前、表示された食材と中身が違うことを購入した店舗に報告すると、内容を疑われたため、クリスが自費で商品を調査することになった。すると、たしかに表示が間違っていることが判明。本社に対応してもらうよう伝えるも、「こちらではできない」と断られたというのだ。仕方なく工場やお客様相談室に電話しても対応してもらえず、商品の回収だけ要望される始末。結局、未だに解決していないという。

クリスはその会社に「裏切られ続けている」と述べ、「値段が多少高くても、やはり安全には変えられない」と安全の重要性を訴えている。

クリスの話が事実であれば、明らかに企業側の過失であり、早急に解決しなければならない問題である。近年、中国の食品偽装や衛生問題が取り上げられているが、我々日本人の口に入るまでには様々な日本企業が関わっていることも忘れてはいけない。今回の中国の問題も他国の問題と捉えるのではなく、これを機に改めて食の安全を徹底してもらいたい。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング