【エンタがビタミン♪】『宇宙兄弟#0』本予告解禁。1分半だけでジンと来る!

TechinsightJapan / 2014年7月26日 12時0分

写真

劇場アニメ版『宇宙兄弟#0』の本予告が解禁された。1分30秒に及ぶ動画に本編の感動を凝縮した、予告とはいえ胸に響く作品だ。今回の劇場アニメ版が、“夢の原点”、“本当の始まり”といわれる理由も垣間見ることとなる。

漫画、テレビアニメで人気の『宇宙兄弟』の劇場アニメ版『宇宙兄弟#0』が8月9日(土)より全国ロードショーされる。それに先駆けて、ついに本予告が解禁となった。

本作では、原作第1話から4年前の物語が描かれる。

初々しい新人宇宙飛行士の日々人は、NASAの宇宙飛行士のなかでも伝説的存在といわれる“ブライアン・Jとエディ・JのJ兄弟”に羨望の眼差しを向ける。

しかし、自分をバックアップクルーに選び、宇宙飛行士のいろはを教えてくれたブライアンが、月ミッションからの地球帰還に失敗し亡くなったとの報を受け、日々人は絶望する。一方、宇宙飛行士への夢を忘れた日々人の兄・六太には、弟にかけてやれる言葉が見つからない。

そんな六太を奮い立たせたもの、そして日々人に夢に向かう勇気を与えたものは、幼いころのふたりの忘れかけた記憶とブライアンの残したメッセージだった。

六太と日々人、宇宙兄弟の原点が、いよいよ本作で明らかになる―。

本予告では主題歌に起用されたユニコーンの『早口カレー』が流れる中、ブライアン・Jとエディ・Jも登場。日々人が「J兄弟。兄弟で宇宙飛行士か~!」とヒーローを見るかのように目を輝かせるシーンが印象的だ。「うちの兄貴って、ホントはすげえ奴なんだよっ」。そんな言葉が聞かれる兄弟の子ども時代も感慨深い。

約1分30秒の本予告だが、それだけで胸にジンと来るものがある。きっと、劇場アニメ版『宇宙兄弟#0』を見たくなるはずだ。その意味でも本予告として素晴らしい作品である。

『宇宙兄弟#0』は、8月9日(土)全国ロードショー。

原作:小山宙哉(講談社「モーニング」)
監督:渡辺歩
脚本:小山宙哉
音楽:渡辺俊幸
主題歌:ユニコーン「早口カレー」「Feel So Moon」(Ki/oon Music)
アニメーション制作:A-1 Pictures
声の出演:平田広明(南波六太)、KENN(南波日々人)、有本欽隆(エディ・J)、大塚明夫(ブライアン・J) ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 (c)宇宙兄弟CES2014

※本予告は公式サイトにて http://www.uchukyodai-movie.com
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング