【エンタがビタミン♪】谷原章介は女子力が高い? ドライトマトも天日干しして自分で作る。

TechinsightJapan / 2014年8月5日 14時25分

写真

炎天下の東京・新宿ステーションスクエアで、俳優・谷原章介がイベントに登場した。「日本で一番赤いスーツを着てきました」と挨拶した谷原は猛暑の中、屋外ステージで乾杯したトマトジュースに舌鼓を打ち、トークでは料理上手な一面を披露した。

5日、『カゴメトマトジュースプレミアム』が新発売となり、同日の昼、同商品の“2014年トマトヌーヴォーアンバサダー”を務める谷原が「乾杯イベント」に出席した。



谷原は「この暑い日にお待たせしました」と完熟トマトをイメージさせる真っ赤なスーツを着こなして登場。「トマトはもともと大好き」という谷原は、完熟トマトとドライトマトを使って“アクアパッツア”(イタリア・カンパニア州の料理)を作ったエピソードを披露。このときに使ったドライトマトは自らミニトマトを天日干しした手作りだという。ドライにすると「甘味と旨味が凝縮されるんですよね」と熱く語る谷原は、ドライトマトを作るコツについて「切り方は(ヘタを上にして)ミニトマトを横に切ると水分が飛びやすい」「塩はあまり(トマトの)近くで振るとムラが出るので、なるべく上の方からまんべんなく」と2つのポイントを伝授した。「オリーブオイルにつけておくと長持ちしますよ」と保存法のアドバイスも忘れない。



続けてトマトジュースの料理での使い方では、「昨日はラザニアのミートソースを作ったんですけど、ホールトマトも使いますが、トマトジュースを入れた方がジューシーなソースになります」「ラタトゥユにもちょっとトマトジュースを使います」と日頃料理をしている谷原ならではの使用法を説明した。

さらに「夏野菜は身体を冷やしてくれるので、夏野菜をきちんと摂る」と栄養にも言及し、司会者から「女子力が高いですね」と称賛されると、「いえいえ、42歳のおじさんです」と謙遜していた。

『カゴメトマトジュースプレミアム』はこの夏に採れた国産トマトを使って作ったストレートタイプのジュース。香り・喉ごし、色合いにこだわったプレミアムトマトジュース。



なお乾杯イベントには、同日から放映のCMに出演しているロリーナ、中田絢千、森郁月も登場し、商品PRに華を添えた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング