【エンタがビタミン♪】宇梶剛士が海外の刑務所で名言を連発。「本当に強い人は戦わない!」

TechinsightJapan / 2014年8月5日 19時55分

俳優の宇梶剛士が、番組のロケで海外の刑務所を訪問して特別に見学させてもらった。同行したお笑いタレントのドロンズ石本と共に、日本では考えられない刑務所での囚人たちの暮らしぶりに驚く。だが、そんな中でも宇梶は囚人と「優しそうな顔をしてるけど、けっこう強いでしょ!?」などフレンドリーに会話を楽しみ、ついには説教まで始めてしまった。

MCに沢村一樹、進行役に指原莉乃を起用した『世界一周ワンジャンル・ツアー~ニッポン人が驚いた海外の当たり前~』(関西テレビ・フジテレビ系)が8月4日に放送された。様々なゲストがジャンルを絞って海外を見学するという企画で、“日本の常識じゃ考えられない!世界の刑務所見学ツアー”に臨んだのが宇梶剛士とドロンズ石本だった。

オーストリア・レオーベンへ向かう前に今回の企画について「なんで刑務所に行くのか?」と問われた宇梶剛士は、「世界中を紹介する番組はあるが、どうしても光の部分ばかりをやってしまう。もう少し闇を見つめる視点も必要なんじゃないかな?」と答えている。彼が芸能界に入る前に暴走族の総長をやっていて少年院入りしたことは知られるが、「ちなみに私、刑務所には行ってませんから! 誤解のないようにお願いします」と補足。スタジオでVTRを見ていた指原莉乃も、「安心、それだけ知りたかった」とホッとしていた。

レオーベン刑務所は2人の想像を超えるものだった。外観は全面がガラス張りというきらびやかなデザインで、美術館かリゾートホテルを思わせる。ただ、柵の上には有刺鉄線が張られていた。同刑務所には強盗、詐欺、麻薬密売などで捕まった205名の受刑者が服役中という。

受刑者には1人1部屋、約5畳の広さの個室が与えられる。テレビ、冷蔵庫、ベッド、机なども備えられており、まるでワンルームマンションのようだ。宇梶が「正直、俺の20代で貧しかった頃よりいい暮らしをしてます。食えない役者や芸人からしたら、こんな暮らしができたら夢のよう」と語ると、ドロンズ石本もうなずく。

その部屋に住むのは20代と思われる若い男性だ。傷害罪で懲役12か月の刑を受ける彼は、「刑務所の外に出られないのは辛いけど、この中での暮らしに不満は無いよ」と穏やかに答えた。

すると、宇梶が突然「顔は優しいけど、けっこう強いんでしょ?」と話を向けた。「ハイ」と彼が返すと、宇梶は「ははははー!」と嬉しそうに胸板に軽くグーパンチをしてみせる。何を言い出すのかとドロンズ石本も固まったように見るしかなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング