【エンタがビタミン♪】斎藤工、美輪明宏との意外な関係。「前世で近い関係だった」。

TechinsightJapan / 2014年8月14日 19時45分

写真

フジテレビ系ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で人妻(上戸彩)と惹かれ合う、既婚の高校・生物教師を演じている斎藤工。このドラマで一躍今年の注目俳優となった斎藤には、芸能界のある大物が助言しているようだ。

『昼顔』で斎藤工が演じる生物教師は、地味な印象の不倫とは縁遠い雰囲気の男性である。収録前に監督から、“(男の色気など)一切そういう意識はしないでくれ”と言い渡されたという。しかし8月14日に彼が生出演した『ノンストップ!』(フジテレビ系)の“せきららボイス”には主婦から、「声も唇もエロい」「かっこいい! 主婦がハマるのが分かる」というツイッターからのコメントが続々。監督の狙い通り“押し出さないセクシーさ”で斎藤工は今、主婦の間で大ブレイクしているのだ。

斎藤は10代の頃からモデルとして活躍していたが、俳優としてはなかなか出世作に恵まれなかった。テレビ東京系列で放送された連続ドラマ『最上の命医』で主演を演じ、注目が集まったのが2011年、彼が29歳の頃だ。そして今回『昼顔』の出演で、一気に人気俳優の仲間入りとなりそうな気配である。

そんな斎藤工に昨年、芸能界で大物の助言者が現れたようだ。誕生日である8月22日に冷やし中華を食べていると突然、あの美輪明宏から電話がかかってきたという。連絡先の交換などしていないのにである。美輪は電話口で『Happy Birthday to You』を歌い、斎藤の誕生日を祝ってくれた。それから何度か助言をもらったりしていると明かす。

斎藤に連絡をしようと思ったのはどうしてなのか。美輪から「前世で近い関係だった」と説明されたそうだが、詳しくは斎藤も語ろうとしない。もうすぐ33歳となる誕生日を迎える彼に、また美輪から何かプレゼントが贈られるのだろうか。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング