【エンタがビタミン♪】ざわちんが“松坂桃李風メイク”の姿で告白。「彼好みのメイクでアプローチした」過去。

TechinsightJapan / 2014年8月15日 10時45分

写真

ものまねメイクファンタジスタ・ざわちんが新作ものまねメイクを披露した。人気俳優の“松坂桃李風メイク”にチャレンジした彼女は、お笑いトリオ・ロバートから過去の恋愛を問われて「彼好みのメイクをしてアプローチしたことがある」と新事実を明かす。さらに、ロバート・秋山からもちネタである梅宮辰夫のものまねメイクを依頼される一幕もあった。

先日、生放送されたフジテレビ系『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』で“ものまねメイクマラソン”に挑んだざわちんは、松本人志、キスマイ・藤ヶ谷、スキンヘッドのSMAPなど数々のものまねメイクに挑戦した。その彼女が次にチャレンジしたのが、今話題のイケメン俳優・松坂桃李だ。

ざわちんは8月14日、インターネット生番組『真夏の胸キュン委員会~powered by C.C.Lemon~』の夏の特別配信第2弾に出演。MCにお笑いトリオ・ロバートを迎え、鎌倉中央海水浴場に期間限定オープン中のAmeba海の家併設スタジオ“アメスタ@海の家”から生配信を行った。

出だしから新作となる“松坂桃李風メイク”で登場したざわちん。最近は性別問わずものまねメイクにチャレンジしているとあって、男性に似せるためのメイクや、少し大人っぽくなるメイクのテクニックについてトークを繰り広げた。

今回の“松坂桃李風メイク”のポイントは、「男らしい眉毛と涙袋。男性っぽくするには全般的にもみあげと眉毛を濃く描くことが重要」だという。「男性の眉毛のほうが一本一本の毛が太いので、眉毛にマスカラを塗ると男らしい凛々しい眉毛に仕上がる」と具体的に解説。「とにかく眉毛が大事。ものまねメイクは眉毛を完コピできるだけでその人のイメージに近づく」「目と眉毛でみんなその人を判断している」と、どんなメイクでも“ポイントは眉毛”と強調した。

彼女はさらに、夏におすすめの大人っぽいメイクには、菜々緒風メイクや沢尻エリカ風メイクを例にあげてポイントを紹介。菜々緒風メイクのポイントは、細くて長い眉毛とまつエクに見えるつけまつ毛となる。いろいろなものまねメイクをするざわちんは菜々緒のようにまつエクはできないので、まつエクに見えるつけまつ毛を探し出したという。

ざわちんがものまねメイクを施した写真を見たロバートは、「菜々緒さんにしか見えない。菜々緒さんもざわちんも同じ顔のベースなの? それとも菜々緒さんもメイクをとったら実は別の顔ってこと? もう何がなんだかわからない」と混乱したほどだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング