【エンタがビタミン♪】指原莉乃がマンガ『SLAM DUNK』に共感。「秋元さんは“AKB界の安西先生”」

TechinsightJapan / 2014年8月16日 20時55分

HKT48の指原莉乃が情報バラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系)で影響を受けた本について語った。彼女は最も影響を受けた作品としてマンガでは『SLAM DUNK』、小説では『白夜行』を挙げており、中でも『SLAM DUNK』にはHKT48へ移籍となった際の自分と重なるものを感じるという。

自著『逆転力~ピンチを待て~』(講談社刊)で話題の指原莉乃が、8月16日の『王様のブランチ』で“読書LOVERSのBook SELECT”コーナーに出演した。本の中でもマンガが好きだという彼女は、「マンガは、唯一お金を使う趣味かも」と明かす。服や化粧品よりもマンガにお金をかけるそうだ。

最近では矢沢あい氏の『天使なんかじゃない』を完全版で買ったと嬉しそうに話しながらも、少女マンガに限らず“人が人を食べる”マンガも読んでおり、「内容には全く共感できないが、自分にはない感情になれるマンガが好き」だと語った。実は、彼女、AKB48の大家志津香にツイッターで“進撃の巨人”と“テラフォーマーズ”を「どちらも貸せるよ」とつぶやいたこともある。

そんな指原莉乃が『SLAM DUNK』に影響を受けたのは、「羨ましいな」という感情が強いという。彼女は、主人公の桜木花道と「終生のライバル」といわれる流川楓について「陰湿な何かがあるわけでなく、ただ、“ライバル”だというシンプルな感情で関係が成り立っているのがカッコイイ」と解説する。

中でも不良グループに入り荒れていた三井寿が湘北バスケ部の監督・安西先生に「バスケがしたいです…」と涙ながらにバスケ部への復帰を願う場面が好きなシーンだ。指原が週刊誌にスキャンダルを報じられて、秋元康からHKT48への移籍を申し渡された時に、「私もやっぱり続けたい」と思った。その頃を思い出して、指原は三井寿の姿と自分の境遇に「近いものがある」と感じたのだ。

そのタイミングでレポーターから秋元康について聞かれると、そのシーンが思い浮かんだのだろう。指原は「秋元さんは、安西先生に似ているかもしれない」と言い出した。見た目だけでなく、多くを語らないところが似ており、「本当に大事な仕事の時だけ“ああしなさい”と言う」ところが同じなのだ。彼女はそんな秋元康を「まさに、AKB界の安西先生」と例えている。

また、指原は最も影響を受けた小説に、東野圭吾氏の『白夜行』を挙げたが、800ページを超える長編を読んでも「共感できる部分が1つもなかった」と、『SLAM DUNK』とは対照的な感想を述べている。主人公となる被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂の関係について「こんなに複雑な感情を持った2人は現実には存在しないはず。純愛でもない歪んだ愛情とでもいうか。こんな気持ちになることは一生ないんだろうな」と衝撃を受けた作品なのだ。

2つの作品からそれぞれ違った感動を受けた指原莉乃。「本とは“知らない世界の見学”だ」という名言も残したが、さらには自著『逆転力~ピンチを待て~』を『SLAM DUNK』や『白夜行』よりも「さらにおすすめの作品です!」と豪語してみせた。「普通の21歳より、100倍くらい波乱万丈があった」という体験に基づいた内容に自信があるからこそ出た言葉だ。特に座右の銘とする“楽しく生きる”について書いた部分は、「全ての人に読んで欲しい」と願っていた。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング