【エンタがビタミン♪】桃井かおり、事実婚で身持ちが堅い女に。「70歳までに入籍したい」

TechinsightJapan / 2014年8月19日 21時30分

事実婚のパートナーがいることを公表した女優の桃井かおり(62)。現在はアメリカ・ロサンゼルスに滞在しながら、お互い仕事で世界を飛び回る多忙な日々が続いているという。

昨年10月、幼なじみの男性と事実婚の状態であることが判明した桃井かおり。お相手は彼女が9歳の時にロンドン留学で出会った同級生で、現在はレコード会社の社長を務めているそうだ。最近はイギリスのロックバンド「QUEEN」と一緒に、ツアーで動いているという。

2005年にロサンゼルスに生活拠点を移してからは、色々な国の監督からの依頼で映画に出演している。8月18日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)のインタビューによると、今撮っているのはメキシコの映画で中国人のおばあさん役、次はドイツの監督と仕事をすることが決まっているそうだ。日本でドラマや映画に出演すれば破格のギャラが桃井には用意されるだろうが、海外の映画監督との仕事ではギャラは二の次で選んでいるらしい。実際に今メールをやり取りしているイタリアの監督は学生で、ノーギャラの可能性があるという。それでも監督や台本に何か惹かれるものがあれば、彼女は喜んで依頼を引き受け、世界各地で映画撮影に臨むのだ。

事実婚のパートナーとは当初5~6年前の再会がきっかけとされていたが、実はもう10年近く交際している間柄だと話す。桃井にとって「初めて長く一緒にいて飽きない人」だそうで、全く別れる気がしないらしい。付き合いが長くなっても、恋しい気持ちは変わらないと語る。

そして今桃井は、70歳までに籍を入れたい―と思うようになった。日本に帰ってきても以前のように知り合いの男性らと遊ぶことをしないのは、“操が固くなったから”だと笑う。だが彼に夢中になり過ぎて、周りが見えなくなっているようではない。乙女のようになった自分の一途な恋心を、彼女は楽しんでいるようにさえ感じられるのだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング