【エンタがビタミン♪】ネイマールにSMAP・中居が直球質問。W杯のケガとブラジル大敗の心境が語られる。

TechinsightJapan / 2014年8月19日 17時55分

写真

サッカー、ブラジル代表のネイマールがバラエティ番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した。進行の中居正広から「俺の20コ下!」というノリで質問されたネイマールは、W杯ブラジル大会で腰椎骨折した時や、その後のブラジルチームが大敗した件について心境を語った。また、「サッカーをやめたいと思ったことは?」と問われると、22歳とは思えぬ人生とサッカーを重ねた答えを返している。

7月31日にネイマールが羽田空港に姿を見せると、報道陣やファンなど多くの人が押し寄せた光景が記憶に新しい。彼はインタビューを受けたり、生放送のバラエティ番組に出演した後に、『SMAP×SMAP』の収録に向かったようだ。8月18日の同番組で、その時にネイマールが訪れた“BISTRO SMAP”が放送された。

サッカーのスーパースターを前にしても中居正広は臆するところが無い。W杯で痛めた腰椎がまだ完治していない彼に「コルセットしてるよね!」と直撃。胴回りをガッチリ固めたコルセットを披露させている。ネイマールが22歳だと言えば「うわっ! 俺の20コ下!」というノリで次々とトークを引き出した。

そんな中、W杯ブラジル大会のブラジル対コロンビア戦でネイマールが相手選手からのタックルを背中に受けて、苦痛に顔を歪めながらタンカで運ばれるシーンがVTRで流れた。じっと見入っていたネイマールだがナレーションで「22歳と若いネイマール、華麗なプレーをまた見せてくれる。2018年、ロシア大会が君を待っている」と語られて、ようやく微笑んだ。

彼は背中にタックルを受けた時の状況について、「非常に痛みを感じる衝突で、絶望感に襲われた」と明かす。病院でその後の試合に出られないことを伝えられて「とても悲しんだ。私だけでなく、家族も同じ気持ちだった」と振り返った。

さらに、中居がその後のブラジルチームがドイツに大敗したことに触れると、ネイマールは首をかしげるように「あれは説明するのが難しい試合だった。なぜ、あんなに大敗してしまったのか、チームメイトも私も説明できません。私もチームメイトの一員として、みんなと同じように悲しかった」と答えている。

「まだ、若いから次の大会も期待できるよね」と中居が確認すると、彼はハッキリと「2回ぐらい、ワールドカップに出られたらいいなと思います。次回も代表に選ばれるように全力で頑張ります」と返してくれた。4年後のロシア大会では「個人ではなくブラジルとして勝ち、自分の夢を叶えたい」という。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング