【イタすぎるセレブ達・番外編】ジェニファー・ハドソンの身内、男性の顔面などをナイフで刺し逮捕。

TechinsightJapan / 2014年8月21日 15時25分

写真

(またしても衝撃事件が…。)

このほど、人気歌姫ジェニファー・ハドソン(32)と血縁関係にある男が、男性の顔面などをナイフで複数回刺すという凶悪事件が発生した。被害を受けた男性は大怪我を負ったものの、「回復する見込み」と報じられている。

現地時間19日に、ジェニファー・ハドソンと半分血の繋がった兄にあたるスティーブン・アンジェロ・シンプソン(Stephen Angelo Simpson)が逮捕された。シンプソンは、疎遠になった妻が暮らすミシガン州のマンションを訪問。無理やり侵入した際に妻の交際相手チャーリーさんに会い、チャーリーさんの顔面、胸部、両腕を何度もナイフで刺したという。

その後、運良く騒ぎに気づいた隣人らが仲裁。大怪我を負ったチャーリーさんは病院に搬送され、約30針も縫う治療を受けたという。ちなみにシンプソンは過去にもDV騒動を起こし、妻への暴力を理由に逮捕されたことがある。また今回の凶行を起こしたシンプソンは、保護観察期間中の身であった。

2008年には、母、兄、そして甥を姉の結婚相手に殺されるという悲劇を経験したジェニファー。またしても凶悪事件が起きたことに大きなショックを受けているはずだが、シンプソンとジェニファーが親しい付き合いをしていたかどうかは分かっていない。

※画像は、facebook.com/jenniferhudsonのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング