【イタすぎるセレブ達】故ロビン・ウィリアムズが荼毘に付される。遺灰はサンフランシスコ湾に撒かれる。

TechinsightJapan / 2014年8月21日 20時55分

写真

(今月自殺した故R・ウィリアムズ)

今月11日に、米カリフォルニア州の自宅にて自殺した故ロビン・ウィリアムズ(享年63)。そのロビンの遺体が、死亡の翌日に火葬されていたことが明らかになった。

映画『ミセス・ダウト』や『ジュマンジ』など、数多くの映画に主演・出演した俳優ロビン・ウィリアムズ。しかし私生活では鬱症状などに悩んだ他、初期のパーキンソン病が発覚するなど大きな苦悩を抱えていたもようだ。そんなロビンが11日に自宅で自殺し、ファンや関係者、そして遺族は誰からも愛されたロビンの死を深く悼んでいる。

さてそのロビンの遺体だが、死亡証明書によると死亡の翌日には火葬されたとのこと。また遺灰はサンフランシスコ湾に撒かれたというが、正式な死因については“未解決”、“毒物検査中”と記載されているという。

多くの役者仲間からも愛され慕われたロビンだが、中でも米シットコム『The Crazy Ones』でロビンの娘を演じた女優サラ・ミシェル・ゲラー(37)はその死に大打撃を受け、「ロビンは常に夢見ていた理想の父親そのものでした」「毎日ロビンを恋しく思うでしょう」との声明を発表し悲しみに暮れた。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング