【エンタがビタミン♪】タッキーがファンに要望。コンサートでもっと「“キャーッ”と言って欲しい」。

TechinsightJapan / 2014年8月25日 19時50分

タッキーこと滝沢秀明が、テレビ番組で「自分のファンは“キャーッ”と言う人が少ない」と明かした。滝沢の舞台やタッキー&翼のステージは“見るタイプ”が多いと理由は分かっているようだ。タッキーはそれでも、やっぱり「“キャーッ”と言って欲しい」と本音で訴えていた。

タッキー&翼といえば、息の長い人気を誇るジャニーズグループのひとつだ。それは彼らがコンサートや舞台で魅力を発揮して根強いファンを持つからだろう。8月23日のトークバラエティ番組『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』(日本テレビ系)にそのタッキーがゲスト出演した。

ジャニーズは先輩が後輩に細かく口を出して指導することはなく、「自分で考えて」学ぶ気風だという。タッキーも先輩の踊りを見ながら覚えてきた。ただ、それだけではダメらしい。ジャニーさんは踊りの上手さだけでなく“やる気”や“雰囲気”を見て判断するという。

タッキーはジャニーズに入って1週間後にコンサートに出ており、半年後には主演ドラマを務めた。それは、ジャニー社長が彼の素質を見抜いたからだろう。今では舞台も主演から演出までタッキーが務めるが、当初はジャニー社長が演出をしていた。「途中からジャニーさんが『YOUやっちゃいなよ!』と言って」演出も任されるようになった。

舞台出演者のために、登場人物の相関図をパソコンで作ったり、衣装を決めたりと予算管理以外はほとんどタッキーが手がけている。演出でもラスベガスのショーを研究して“4Dフライング”などを取り入れ、中国の達人から特別に教わった“変面”にも挑戦している。

『滝沢歌舞伎 2014』ではそのような見せ場が次々とあり凄い迫力だ。タッキーが「僕のファンには“キャーッ”と言う人が少ない」というのも、そうしたステージの雰囲気が関係しているのだろう。彼もそんなファンたちを「見るタイプ」だと理解している。だが、タッキーが登場しても“キャーッ”という歓声が沸かないと聞くと、さすがにMCの加藤浩次が「それ、ファンか!?」と疑問を持った。タッキーは「僕らも最初は『あれっ? お客さん入っているのかな!?』と思った」というからタッキー&翼の公演でもそうらしい。

ジャニーズのファンがよく手に持っている自分が担当(応援)する“アイドルのうちわ”は、頭より上にあげるとじゃまになるので胸元までさげて持つという暗黙のルールがあるそうだ。タッキーのファンもきちんと胸元でうちわを持っているのだが、なにしろ“キャーッ”と言わないので自分が“タッキー担当”だと分かりづらい。彼は「僕の顔が描かれたうちわの目の部分をくり抜いて、自分の顔のところにうちわを持ってきてその穴から見ていた人もいた」と証言して加藤を驚かせた。歓声はあげなくともタッキーファンは熱いのだ。

そうしたファンの気持ちは十分察しながらも、タッキーは「コンサートはやっぱり盛り上がりたいので…」と本音を明かして「(“キャーッ”と)言って欲しいですね!」と切望していた。『滝沢歌舞伎 2014』のような舞台では「見るタイプ」に徹しても、コンサートでは“キャーッ”と発散しながら盛り上がるのもよいのではないだろうか。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング