【エンタがビタミン♪】スルースキルズ、ご当地アイドル“あるある甲子園”で優勝。メジャーデビューの切符を手にする。

TechinsightJapan / 2014年8月28日 12時30分

写真

8月26日に開催されたご当地アイドルによるオーディション企画“あるある甲子園”のグランドファイナル大会で東京のスルースキルズが優勝。“メジャーデビュー”と“アパマンショップのCM出演権”を手にした。スルースキルズの発案者でもあるロンドンブーツ1号2号・田村淳もツイッターで祝福。「これよろ!」と応援を呼びかけている。

全国各地で活躍するご当地アイドルを発掘するオーディション企画“あるある甲子園”は「メジャーデビューしていないアイドルユニットである事」のみを参加条件とする。集まったアイドルたちから全国4都市(東京・愛知・大阪・福岡)で予選を勝ち抜いた11組がファイナリストとなった。

グランドファイナルでは握手券を含む「物販ポイント」 と審査員4名による「審査員ポイント」で順位が決定。

[東京エリア] パラレルドリーム、メグリアイ、百花繚蘭、LUVYA、スルースキルズ  [愛知エリア] ゆり姫パラレル、 KILORU(きろる)  [大阪エリア] つぼみ、大阪☆春夏秋冬  [福岡エリア] パピマシェ、Smileの11組から優勝アイドルに輝いたのはスルースキルズだった。

スルースキルズはロンドンブーツ1号2号の田村淳によるプライベート企画『淳の休日』で、ツイッター発のアイドル“ツイドル”を募集したことをきっかけに「罵られるアイドル」をコンセプトとして結成されたものだ。

これまでもスルースキルズを応援してきたロンブー・淳は27日午後に『田村淳(atsushilonboo) ツイッター』で「スルースキルズがご当地アイドルが大集合するあるある甲子園で優勝!」と報告。「これも彼女達の頑張りとそれを支えてくれているファンの皆さんとスタッフさんおかげです! これよろ!」とつぶやいた。

また、『スルースキルズ運営(through_skills) ツイッター』では優勝を伝えて応援を感謝しつつ彼女たちの喜ぶ写真を投稿。「優勝特典について、状況お知らせいたします! お待ちくださいませ!」と伝えており、今後の展開が待たれる。



※画像は『twitter.com/through_skills』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング