【イタすぎるセレブ達】ジャスティン・ビーバー、また窮地か。レストランでの騒動を撮ったビデオがあった!

TechinsightJapan / 2014年9月1日 20時55分

写真

(ビデオの内容とは…!?)

先日、ロサンゼルスのレストラン「Dave & Buster’s」にてセレーナ・ゴメスとのデートを満喫したジャスティン・ビーバー。しかしその姿を発見した男性が、ジャスティンらを撮影。それに気づいたジャスティンが男性につかみかかろうとし、警察が呼ばれるという事態になった。この件で逮捕者は出なかったものの、男性は大物弁護士を雇用した。

先月25日のこと、ジャスティン・ビーバーはセレーナ・ゴメスとのデート現場を写真・ビデオ撮影した男性に激昂。セキュリティガードが代わって「何を撮ったか見せろ」と要求したものの拒まれたため、ジャスティンが飛びかかろうとして騒動になった。しばらくして、ジャスティンが現場を去った後に警官が到着。調べを進めた結果「犯罪行為はなかった」とコメントしていたのだが、男性はついに妻と共に一流弁護士を雇ったようだ。

ちなみにこの弁護士はすでに捜査当局とも面会済みで、以下のような強気コメントを放っている。

「ビデオは当局者にも見せました。」
「ビデオを見れば、全てが明らかになると思いますよ。」

また弁護士は夫妻について、“ジャスティンに被害を受けた”とコメント。夫妻が賠償金を求める意向は明かしていないものの、「訴訟が必要か否かは地区検事長が決めること」とも語っている。肝心のビデオに何が映っているかは不明だが、内容によっては隣人邸汚損事件を起こし保護観察期間中のジャスティンが大ピンチに陥る可能性も出てきそうだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング