【イタすぎるセレブ達】マイリー・サイラス、「脳にはドラッグよりネットの方が害あり」。

TechinsightJapan / 2014年9月3日 21時55分

写真

(ドラッグよりネットの方が悪い!?)

マリファナ喫煙を堂々と語り、大ヒット曲となった『We Can't Stop』の歌詞にも“molly”(=MDMA)を含めたと明かしているマイリー・サイラス(21)。そんなマイリーが、またしてもドラッグ絡みの問題コメントを放った。

インスタグラムやTwitterが好きで、かなり頻繁に更新してはファンを喜ばせてきたマイリー・サイラス。そんなマイリーが、このほど以下のようなコメントを放ったとしてメディアに大きく取り上げられた。

「私はね、自分がマリファナを吸ってる写真をソーシャルメディアにアップしたりするの。そう、例えばFacebookやインスタグラムにね。だって、私はマリファナが悪いものとは思わない環境で育ったんだもん。」

これに続き、マイリーはこうも持論を展開している。

「ねえ、何が脳を傷めるか知ってる? 自分についてネット検索すると傷むのよ。」
「インスタグラムもそう。あと、Facebookのコメントを読むのも良くないわ。」

ちなみにマイリーはファンのお手本になる気もさらさらないといい、オーストラリアのTV番組では「『みんな私を見て。私が模範よ』なんて言ったりはしないから」「私は自由に生きている人間の一例。それだけだわ」と断言している。



(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング