【エンタがビタミン♪】サンド・富澤の心の広い絵馬で、狩野英孝の願いが叶う!? 「多くの人に“笑い”を届けたい」

TechinsightJapan / 2014年9月7日 21時25分

写真

ピン芸人の狩野英孝が、実家の櫻田山神社に奉納した絵馬の写真をツイッターで公開した。彼が絵馬に書いたのは「たくさんの人に“笑い”を届けられる芸人になれますように」という願いだったが、読者からはすでに達成しているというコメントが多数寄せられている。また、写真にはサンドウィッチマン・富澤たけしの絵馬も写っており、それにも「さすがサンドウィッチマン!!」と感心するコメントが少なくない。

宮城県栗原市にある櫻田山神社(さくらださんじんじゃ)は狩野英孝の実家であることから、スポーツ紙で「イケメン神社」と呼ばれたこともある。彼の知名度が上がるとともに参拝客も増えているようだ。

彼は9月4日に『狩野英孝(kano9x) ツイッター』で、その櫻田山神社で撮った数々の写真を投稿している。テレビ番組の企画で作製した石像“ミヤギケンタウルス”の姿もあった。そんな中の1枚が狩野英孝自身が奉納した絵馬の写真だ。

『たくさんの人に“笑い”を届けられる芸人になれますように…。狩野英孝 2014.1.7』と書かれたその絵馬に対して、読者からは「よく見たら1月のだ。願いごと叶ってると思う。すごい面白いもん!」、「あなたはもう十分人に笑いを届ける芸人さんになってますよ」といった温かいコメントが届いている。

その中に交じって「英孝さんの願い事の横にサンドウィッチマンさんの願い事がありますね」とあり、他にも「富澤さん(笑)」、「富澤さんの願い素敵です」と狩野英孝とは別に注目されているのがお笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしが書いた絵馬だった。

『俺のことはいい。みんなの願いをかなえてくれ! サンドウィッチマン・富澤たけし』という心の広い願い事が、狩野英孝の絵馬にも通じたのではないだろうか。

※画像は『twitter.com/kano9x』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング