【イタすぎるセレブ達】ジェニファー・ローレンスのヌード流出に、『ハンガー・ゲーム』共演俳優も怒り爆発。

TechinsightJapan / 2014年9月12日 11時50分

写真

(「あまりに酷すぎる」とジョシュ)

この夏、多くの人気セレブ達の過激ヌード写真がハッキング行為により流出・公開されるという事件が起こった。中でも映画『ハンガー・ゲーム』シリーズの主演女優ジェニファー・ローレンスは写真流出後にホンモノであると認め大きく報じられたが、この一連の騒動に同映画で共演した俳優ジョシュ・ハッチャーソン(画像右端)は苛立ちを隠し切れずにいる。

このほど人気サイト『The Daily Beast』の取材を受け、ジョシュ・ハッチャーソンはジェニファー・ローレンスのヌード流出につきこのようにコメントしている。

「本当に酷すぎる。流出事件後、ジェニファーとは話をしていないんだ。でも世間やTwitter、それにメディアのリアクションは最悪だよ。」
「俺は私生活をのぞき見されるのはゴメンだし、プライベートなことを知って当然だなんて思われたくもない。」
「なのに人は、(こんな事件が起こると)『なら役者にならなきゃ良かったのに』なんて言う。そんな意見はクソくらえだ。」

またジョシュは、『ET Canada』にもこう語った。

「全くフェアじゃないね。俺たちはスキャンダルを望んで役者になったわけじゃないのに。」

そんな中、“雲隠れ状態”と言われたジェニファーには「コールドプレイ」クリス・マーティンがしっかりと寄り添い支えているもよう。現地時間8日に2人はビバリーヒルズでデートしたと伝えられ、その様子を目撃した人物は「とてもキュートで、たくさん笑いあっていた」と証言している。突然のスキャンダル勃発にジェニファーが大打撃を受けたのではと心配する声も多かったが、今は比較的元気で落ち着いた状態なのかもしれない。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング