【エンタがビタミン♪】YUKIと椎名林檎。ポルノ・岡野とGLAY・TAKUROがBESTパフォーマンスに選んだ理由が明快。

TechinsightJapan / 2014年9月28日 20時15分

写真

音楽番組『ミュージックステーション』が行った“MステBESTパフォーマンス”で、ポルノグラフィティの岡野昭仁がBESTパフォーマンスに選んだのはYUKI、GLAYのTAKUROが選んだのは椎名林檎だった。人気男性アーティストの心を揺さぶったその理由を彼らが語っているが、明快で分かりやすく好感が持てる。

9月26日の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を見た人々からツイッターで「昭仁さんYUKI選んでてセンス感じた」、「TAKUROさんがベストパフォーマンスに椎名林檎選んだ理由に吹いた」というような内容が多数つぶやかれた。この日は『ミュージックステーション SP アーティストが選んだMステBESTパフォーマンス50』と題して放送され、数々のアーティストがアンケートに答えている。

スタジオに生出演したポルノグラフィティの岡野昭仁は、YUKIが2012年2月10日の放送でパフォーマンスした『JOY』を選んだ。その理由は「同じ日に出演したが、目の前で踊っているYUKIさんがすごく可愛くてびっくりした」というもので、タモリとのトークでは番組が終わった後でメンバーの新藤晴一と楽屋で一緒に大騒ぎしたことを明かしている。「独特の世界観がキュートすぎるんじゃないか?」「パフォーマンスも独特でカッコいい。それでいてキュートだ」と盛り上がったそうだ。

これにはポルノファンからツイッターに「今Mステみた! 昭仁も晴一もえぐすぎな。かっこよすぎ! YUKIになりたい!」、「YUKIさんが可愛いという、昭仁さんが可愛い! 晴一さんも可愛い!」と反響があり、YUKIファンも「岡野さん、YUKIさん選んでくれてた~、嬉しさてんこもり! やばっ愛されてんなーほんと」と歓喜していた。

中には「MステでYUKIがJOY踊る→一緒に出演していたポルノ両者のハート射抜く→私JOY踊る練習を決意する」というつぶやきもあり、ポルノファンがYUKIの振り付けを練習するという現象まで起きているようだ。

そしてロックバンド・GLAYのTAKUROが選んだのが椎名林檎だった。彼女が1999年2月5日の放送で歌った『ここでキスして。』を選んだ理由について、TAKUROは「相当好みだったから」とズバリ回答。その明快さに「吹いた」、「理由が相当好みだったからとか言っててワロ」と大ウケしていた。

実はこの時、画面の右下に「ACIDMAN 浦山一悟」の名前もあり、こちらも注目されている。「ACIDMANのいちごの名前が載ってたのが今んとこ一番おもしろい」、「右下にACIDMAN浦山一悟etcて書いてあった! ACIDMANにも聞いたんだ!?」とそれに気づいた人がかなりいたのだ。

ちなみに、GLAYのTERUは“hideが黒い雨を降らせたパフォーマンス”、JIROが“スゴい熱を出して裏で苦しそうにしていたのに、本番になるとパワー全開で歌いきった慎吾ママ”、そしてHISASHIは第1位となった“t.A.T.u.ドタキャン事件で代わりに歌ったミッシェル・ガン・エレファント(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)”を選んでいる。

※画像は『TERU _t_e_r_u_ Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング