1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【海外発!Breaking News】道に飛び出してきた女児をはねた男性、有罪の可能性も「車載カメラが私の人生を救った」(豪)<動画あり>

TechinsightJapan / 2023年5月14日 5時0分

写真

オーストラリア在住のある男性が先月、道路に突然飛び出してきた女児を車ではねてしまった。男性は制限速度を守っていたにもかかわらず、女児の父親から犯罪者のように扱われてしまったという。男性は罪悪感に苛まれていたが、車載カメラのおかげで人生が救われたと明かしている。米ニュースメディア『New York Post』などが伝えた。

時事問題を扱うオーストラリアのテレビ番組『A Current Affair』に出演したムハンマド・デニッシュさん(Muhammad Danish)が、多くの関心を集めている。彼は先月20日、メルボルンにあるブランスウィック・イーストの住宅街を車で走行中、道路に飛び出してきた女児をはねてしまった。

ムハンマドさんは急ブレーキをかけたものの、突然のことで女児を避けることができなかった。女児の父親がすぐに駆けつけたが、娘を抱き上げる前にムハンマドさんの車のボンネットを力任せに殴りつけた。幸いにもはねられた6歳の女児は大きな怪我がなく、ムハンマドさんは彼女が無事だったことに安堵したが、父親は娘を抱きながら彼をずっと怒鳴りつけていたという。

その時、事故に気づいた近隣住民が駆けつけ、父親と一緒にムハンマドさんを非難し始めた。ムハンマドさんは当時、時速25マイル(約40キロ)で走行し制限速度を守っていたが、父親と近隣住民が警察に供述する内容によっては、起訴されて有罪になるかもしれないと心配していた。

しかしムハンマドさんの車には車載カメラが搭載されており、事故の様子が映像として全て記録されていた。ムハンマドさんは当時をこのように振り返っている。

「もし警察が彼らの供述をそのまま信じていたら、私は起訴されて有罪になっていたかもしれません。この車載カメラの映像は私の人生を救ってくれたのです。」

ムハンマドさんは、車載カメラの映像により制限速度を守って走行していたことが証明され、起訴されるようなことにはならなかった。しかし事故から3、4日ほどは女児をはねた瞬間の様子が頭から離れず、何も手につかなかったそうだ。そんなムハンマドさんの心を軽くしてくれたのが、この車載カメラの映像だったという。

当時の映像は先月24日、オーストラリアで車載カメラを販売している「Dash Cam Owners Australia」がFacebookに公開しており、ユーザーからはこのような声が寄せられた。

「女の子が無事で良かったけど、私ならボンネットのへこみを父親に弁償させるわ。」
「この子の親は怒っているけど、それはドライバーのせいじゃない。道路周辺では子供をきちんとコントロールしないと!」
「誰が悪いというのは別として、あっという間に起こる事故があることを示すためにも主要メディアや自動車教習所などで広くシェアされるべきだと思う。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください