【イタすぎるセレブ達】「ワン・ダイレクション」ナイル・ホーラン、学校を卒業しなかったことを激しく後悔。

TechinsightJapan / 2014年10月10日 16時10分

写真

(オーディションで人生激変!)

音楽オーディション番組『Xファクター』への出演がきっかけで、「ワン・ダイレクション」メンバーとして音楽活動を開始。その後大成功をおさめ莫大な資産を築いたナイル・ホーラン(21)が、 何の資格を取ることもなく学校をやめたことを後悔している。

『Xファクター』出演で注目を集め、今では音楽界の第一線を爆走している「ワン・ダイレクション(1D)」。しかしナイル・ホーランは何の資格を得ることもなく学校生活に見切りをつけたことを、今も後悔しているという。ナイルはグループの自伝の中で、このように綴っている。

「僕の子供時代は、『Xファクター』への出演がきっかけとなって中断されてしまったんだ。1Dの人気が出て、僕は学校を卒業することも試験を受けることもできなかったんだから。」
「最初のオーディションが済んだ後、僕はバッグに全人生を詰め込んだというわけさ。」

ちなみに学校を若くしてやめたことを後悔しているセレブは多く、昨年亡くなった俳優コリー・モンティス(享年31)もファンに向けてのビデオで「学校をやめないで」と訴えていた。コリーは16歳で学校を中退、ナイルも同じく16歳で学校をやめている。

※画像は、『Instagram niallhoran』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング