1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

【イタすぎるセレブ達】ヘンリー王子、英紙を盗聴疑惑で提訴したのは「メーガンを守るため」と証言

TechinsightJapan / 2023年6月9日 9時40分

写真

ヘンリー王子が英タブロイド紙の盗聴疑惑をめぐる裁判の証言席に立ち、法的処置を取る決意をしたのは、妻メーガン妃をメディアの侵害や憎悪から守るためだと述べた。さらに王子は「タブロイド紙の詮索好きな目」によって、最初の恋人だったチェルシー・デービーさんとの別れに繋がったと非難した。こうして2日間にわたる王子への反対尋問は終了したが、今後は王子が出廷せずに裁判が続けられる。

ヘンリー王子は、英タブロイド紙『Daily Mirror』『Sunday Mirror』『Sunday People』などの記者が違法な手段で情報収集をしたとして、複数の著名人とともに新聞の発行元「Mirror Group Newspapers(以下、MGN)」を提訴している。

現地時間6日には、王子がロンドンの高等裁判所に出廷し、証言席でMGNの勅選弁護士アンドリュー・グリーン氏からの反対尋問に答えた。また同時に、王子自身の言葉による証人陳述書が公開された。

ヘンリー王子は翌7日にも証言席に立ち、長時間に及ぶ厳しい質問に答えた。法廷で王子は、電話盗聴疑惑に対して法的処置を取る決意した理由について聞かれると、メディアによる侵害や憎悪により、妻メーガン妃が苦しんでいるのを止めるためだと述べた。

グリーン氏が王子に対して「最初に法的措置の可能性について話し合ったのは、いつでしたか」と尋ねると、王子は2018年にフランスで休暇を過ごしていた際、現在の自身の弁護士であるデヴィッド・シャーボーン氏と出会い、初めて法的手段を検討することを考えたと答えた。

そして王子は、「私と妻に向けられた、絶対的な侵入と憎悪に歯止めをかけるため、組織(王室)のやり方に頼るのではなく、別の方法を見つけることができないかという話し合いがあった」と説明した。

ヘンリー王子がメディアへの不信感を抱いたのは、最初の恋人で2004年から2011年まで交際したチェルシー・デービーさんに関する記事を読んだ時だったという。その記事は、王子が男友達とストリップクラブを訪れた際、ダンサーが膝の上に座り腰を振る“ラップダンス”のサービスを受け、それを知ったチェルシーさんが激怒したという内容だった。

王子の証人陳述書によると、当時の王子はチェルシーさんに電話をかけ「ラップダンスのサービスを受けていない」と説明し、彼女は怒らなかったそうだ。そのため王子は、記者が彼らの電話記録にアクセスした結果、「いくつかの会話を組み合わせて記事を作ったのでは」と考えたという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください