【イタすぎるセレブ達】リース・ウィザースプーン、“良い子キャラ”なイメージに「ウンザリよ」。

TechinsightJapan / 2014年11月1日 19時15分

写真

(38歳の今もイメージ変わらず?)

若い頃から多くの映画に出演してきた米女優リース・ウィザースプーンは、すでにアラフォー。私生活では離婚を経て再婚。昨年は夫の飲酒運転逮捕に荒れて騒ぎ警察に逮捕されもしたが、映画界が彼女にオファーする役柄はいつになっても“感じの良いナイスな人”というキャラクターに偏っているのだそう。そんな中、リースは「もうそのステレオタイプはやめてよ」と不満に感じているという。

いくつになっても“お隣のキュートで親切なお姉さん”というイメージの強い女優リース・ウィザースプーン(38)が、『ニューヨーク・タイムズ』紙にこう語った。

「数えきれないほどの映画ミーティングに参加してきたわ。でもいつもこんな風に言われるのよね。『リースには汚い言葉は使わせたくない。リースのセックスシーンはダメだ。ドラッグをやるシーンもやらせたくない』って。」

3年ほど前までは“良い子キャラ”の定着が気にならなかったというが、最近ではずいぶん心境に変化が生じているそうだ。

「私は複雑な人間で、色々な側面があるの。なのにどういうワケか、こんな小さな枠にはめられてしまったのよ。“良い子キャラ”という名のね。もうそんなのは取っ払わない?」

念願叶って、新作映画『Wild(原題)』では、これまでとはずいぶん異なる役にチャレンジ。 この映画の中で、リースは過激な濡れ場なども撮ったのだそう。同作品につきリースは会見で「多くの意味で、これまでになく大変だった」と告白しているが、イメージ脱却を望むリースにとってはこの上ない挑戦になったもようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング