【イタすぎるセレブ達】「ワン・ダイレクション」新曲MV出演のダニー・デヴィート、1Dのファンではなかった。

TechinsightJapan / 2014年11月2日 15時40分

写真

(実は「1D」ファンじゃない!)

9月にリリースされた、「ワン・ダイレクション(1D)」の新曲『Steal My Girl』の評判がすこぶる良い。そのMVには映画『ツインズ』など数々の作品で知られる俳優ダニー・デヴィート(69)も出演し、ノリノリの演技を見せていたのだが…。

ファン待望の新曲MVに、俳優ダニー・デヴィートは“監督”役で登場。音楽に合わせリズムをとる、猿&ルイ・トムリンソンと楽しげに歌うという姿も非常に印象的だった彼が、英タブロイド紙『ザ・サン』の取材に応じて共演したワケをこのように明かした。

「家族の中に、若い子たちがメチャクチャ多いんだよ。もし1Dのビデオに出演しなかったら、その子らにボコボコにされるからね。」

ちなみに様々な人々や景色に“自身の足”を含めて写真を撮ってはソーシャルメディアで公開しているダニーは、こうも語った。

「それにビデオに出たら、1Dのメンバーたちと僕の足を撮るチャンスになると思って。写真はバッチリ撮れたよ!」

そんな1Dの音楽が好きなのかという質問に、ダニーはこう答えた。

「No、Noだな。僕はボブ・ディランのファンなんだ。」

しかし1Dと共演できたことはとても嬉しかったといい、ダニーは撮影を「すごく楽しい時間だった」と振り返っている。



(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング