【エンタがビタミン♪】西川貴教、「禿げたら風のイメージがなくなる」。“風の話”はこれ以上はいい!?

TechinsightJapan / 2014年11月4日 13時11分

写真

“恋愛の神様”など数々の称号を持ち、ミュージシャンに俳優、作詞家、声優と多彩な顔を持つ西川貴教。その中でも“ストームパフォーマー”として風のイメージが強い西川が“大風量”を巻き起こすイベントに登場した。

4日、渋谷109イベントスペースにてダブルファンドライヤー『モンスター』発売記念記者発表会が行われ、『モンスター』のイメージキャラクターである西川貴教がゲストとして登壇した。「あまりこういう格好で出てくる所ではないのでちょっと恥ずかしい。普通にスーツで来たかった」と語った西川は、へそを出し、鍛えられた肉体美がよく映える赤とシルバ―のモンスターを彷彿とさせる衣装で登場した。



普段から髪の毛を乾かすのは自然乾燥ではなく、ドライヤーを使用しているという西川は、「濡れた状態だと傷みやすい。(髪の毛が)なくなると風のイメージもなくなる」とヘアケアは丁寧にやっているようだ。確かに、髪の毛がなくなった西川に強風を受けるイメージを想像するのは難しい。



報道陣からは、イベントにちなみ風に関する質問ばかり投げかけられると「風ばかりではないですよ。最近はそうでもないにもかかわらず、何かあるとご指名をいただくのはインパクトがあったのでしょう」と答えつつ、最後には「長いわー。もういい、そんな風の話、掘り下げないで」と風に関する質問を終わらせる場面も。

1年を振り返り、「国内外でも活動が多かった」という西川は、12月からミュージカル『ヴェローナの二紳士』の舞台で「今年を締めくくる」と宣言した。年末は舞台上で『モンスター』のごとく“西川旋風”を巻き起こすようだ。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング