【エンタがビタミン♪】哀川翔の子育てはやはり厳しかった! トイレットペーパーとゴミで激怒し、“半殺し”。

TechinsightJapan / 2014年11月7日 20時55分

俳優の哀川翔(53)は今年で、芸能生活30周年を迎えた。ヤクザ系のVシネマで人気を博したことから“怖い”イメージが定着していたが、最近は“良き夫・パパ”とのイメージが女性の間で多くなっているようだ。実生活の哀川は、どんな父親なのだろうか。

哀川翔 は1984年路上パフォーマンス集団『一世風靡セピア』の一員として、レコードデビュー。1990年にはVシネマ『ネオ・チンピラ・鉄砲玉ぴゅ~』の主役に抜擢され、大ヒット。2004年には主演作品100本目となる、映画『ゼブラーマン』が公開された。

11月4日放送の『あさチャン!』(TBS系) “ピンスポ”のコーナーでは哀川翔を特集。この記念すべき主演作品100本目の映画が『ゼブラーマン』だと監督から聞かされた時、さすがに“えっ!”と驚いたという。“ちょっと止まったよね、俺も”と最初は戸惑ったものの、台本が面白かったので記念作品として素晴らしいと納得。この作品で哀川は2005年に日本アカデミー賞・優秀主演男優賞を受賞する。

一方、私生活では3男2女、5人の子どもの父親である。2004年に「ベストファーザー イエローリボン賞」を受賞している哀川だが子どもからは、“世の中で一番怖い大人”だと言われているそうだ。「トイレットパーパーを最後に使ったのに入れていない」、「落ちているゴミを拾わずにまたぐ」などのマナー違反は許さず、“半殺し”だと言い放つ。たくさんの人と関わりながら生活していることを意識し、周囲に対する思いやりを忘れないことの大切さを教え、守らなければ手加減せずに叱る。“世間は甘くないですからね”と哀川。

VTRの後、同番組のMCである明治大学教授・齋藤孝氏は、「男親はピシッとしたところがある方が良い」と述べる。高校時代までは教師を目指していたという哀川翔らしい、子育て論でもあるようだ。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング