【エンタがビタミン♪】大塚愛が和服姿でお寿司屋さんへ。「女性を演じるには形から」と心の声。

TechinsightJapan / 2014年11月16日 14時25分

写真

大塚愛がInstagramで、彼女にしては珍しく和服姿を披露している。しかも、カウンターでお寿司を食べたというのだが、「形からが大事だ。女性を演じるには」と彼女らしい心の声を明かした。

シンガーソングライターの大塚愛が、11月14日に『大塚愛 aiotsuka_official Instagram』で「着物な私」と写真を公開した。カラフルな服を着るイメージがある彼女にしては、落ち着いた柄の和服を着こなしている。彼女は2011年3月に女の子を産んでおり、母親らしい着物姿ではないか。背景には神社の鳥居が見えることから、娘さんの七五三だったのかもしれない。

そんな彼女が、同じ和服姿で別の1枚を投稿すると、その姿でお寿司屋さんのカウンターに座ったことを伝えている。さらに、「雰囲気は抜群だ。形からが大事だ。女性を演じるには」と考えを明かしたところ、歌手“大塚愛”の性格を知るファンは「そうそうそう…演じないとおっさん出てきちゃうからね!笑」と納得していた。

魂胆はともかく、大塚愛の和服姿には「お綺麗です! ほんとお似合い」、「あわわ~! 素敵すぎる~!!」、「渋い着物も着こなすかわいさ」と称賛コメントが殺到したことは言うまでもない。

※画像は『大塚愛 aiotsuka_official Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング