【イタすぎるセレブ達】元祖『ビバヒル』トリ・スペリング、浮気夫とは破局まで秒読み?

TechinsightJapan / 2014年11月17日 20時15分

写真

(仲の良さは演技!?)

昨年12月のこと、ディーン・マクダーモット(48)と浮気したと主張する女性が登場。メディアに事の一部始終を暴露されたディーンは、4人の子を産んだ妻トリ・スペリング(41)にこっ酷く叱られた。その後も夫婦関係が元に戻らないと伝えられる中、「破局が近い可能性がある」という報道が飛び出した。

2006年の結婚から8年、現在4人の子を養育しているディーン・マクダーモットとトリ・スペリングの仲が、「破たん寸前」と言われ始めた。『usmagazine.com』には、情報筋から以下のような証言が寄せられたという。

「もう愛情なんてないように見えますよ。カメラが回っていないと、2人は互いに冷たい態度になるのです。」

これまで、金欠問題、ディーンの浮気と様々な問題に直面した夫妻だが、先日トリが気管支炎で入院したことで“関係悪化が浮き彫りになった”と情報筋らは語る。

「そう、ディーンは病院には行ったものの、義務感からトリを見舞ったに過ぎません。それに気づいたトリは、本当にガックリしていましたよ。」

ちなみにディーンは言い訳を見つけては帰宅し、一晩たりとも病院には泊まらなかったとのこと。情報筋らは「この様子だと夫妻の将来は暗いですよ」「ほぼ会話もない状態ですから」と破局を予想しているが、トリは16日に48歳の誕生日を迎えた夫に「美しい4人の子供たちを一緒につくったアナタ、お誕生日おめでとう。愛しているわ」とツイート。また8日にも一緒に外出する姿を撮られており、ディーンも夫妻の現状につき「仲良くしているよ」とコメントしている。不仲は演技なのか、それとも夫婦円満が演技なのか。米メディアもその様子と相反する証言の数々に、翻弄され続けている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング