【イタすぎるセレブ達】アンジェリーナ・ジョリー、監督作プレミアでの姿に体調を心配する声。「痩せすぎ!」

TechinsightJapan / 2014年11月20日 11時15分

写真

(体調は大丈夫なのか…)

米人気女優アンジェリーナ・ジョリー(39)がメガホンをとった新作映画『Unbroken(原題)』のプレミアが、オーストラリアにて開催された。しかしアンジーの姿はご覧の通り。これまで以上に痩せた体が目立ち、「体調は大丈夫なのか」という声が浮上した。

豪シドニーにて開かれた映画『Unbroken』プレミアに、アンジェリーナ・ジョリー監督も颯爽と登場。会場には来日が話題になった夫ブラッド・ピット(50)も現れ、ずいぶん華やいだ雰囲気の中でプレミアを成功させたという。

しかし、映画監督業、またブラッドとの共演作撮影、移動でいささか疲れたのかアンジーの細さがやけに目立った。両肩からは尖った骨が浮き出て見えるほどで、各メディアは“startlingly thin(驚くほど細い)”と写真つきで大きく報道している。

昨年は、乳がん発症予防のため両乳房を切除。今後は卵巣がんの予防手術を受ける予定というアンジーは、今年に入り「まだ手術を控えている身よ」「次なるステージも乗り切りたい」と次の手術に向けての意気込みを明かしていた。しかし昨今の痩せ方があまりにもショッキングとして、ファンからは「少しのんびりしてほしい」「これでは痩せすぎ、健康に気を配って」という声が多くあがっている。

※画像は、facebook.com/UniversalPicturesAUのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング