【エンタがビタミン♪】EXILE・橘ケンチ、「今年のクリスマスは(メンバーで)プレゼント交換でも」。白濱亜嵐、メンディーの話で笑いを誘う。

TechinsightJapan / 2014年11月22日 19時56分

写真

桜で有名な目黒川沿いに、初めてこの冬イルミネーション『Nakameguro 青の洞窟』が点灯された。点灯式には中目黒に縁のあるEXILE・橘ケンチ、三代目 J Soul Brothers山下健二郎、EXILE/GENERATIONS 白濱亜嵐が駆けつけ会場を盛り上げた。

22日、東京・中目黒にて『Nakameguro 青の洞窟 点灯式』が開催され、中目黒を流れる「目黒川」が幻想的な青色に彩られた。点灯を行ったEXILE・橘ケンチは「EXILEに入る前に中目黒にある洋服のお店でアルバイトをしていたこともあり、僕という人間を育んでくれた街。大好きです」「この街からパワーをもらっている」と“中目黒愛”を語った。



点灯された風景を見て白濱は「六本木や表参道とは違う。青が目黒川にピッタリ」と感想を述べた。クリスマスの想い出について聞かれたケンチは「仲間で集まって焼き鳥を食べた」、山下は「2008年のパーフェクトイヤーはまだアーティストではなくインストラクターだった。その時にネーム入りの24COLORSのジャージをくれたHIROさんが凄いなと今でも鮮明に覚えている」、白濱は「GENERATIONSのメンバー7名でスーパーに行き、鍋の材料を買い普通の学校の友達みたいに鍋をした」と楽しそうに語った。その時、メンバーの関口メンディーだけは半袖半ズボンだったことも明かし、ケンチと山下からも笑いが起きた。



今年のクリスマスもライブ前のリハーサルになり、例年通りメンバーで過ごすことになりそうだという。「今年はやったことのないプレゼント交換でもやってみようかな」と笑いを誘ったケンチ。最後に「来年は今年皆さんからもらったパワーを基に個々のグループがもっともっと輝きを増していく年になるのかな」と語った。来年はまたより一層パワーアップしたEXILEのパフォーマンスを魅せてくれそうだ。

中目黒の目黒川で初めて実施するイルミネーション『Nakameguro 青の洞窟』は11月23日(日)から12月25日(木)の期間、17時から21時まで楽しめる。場所は、東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」付近から目黒川沿い往復約1km(宝来橋から朝日橋)。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング