【エンタがビタミン♪】橋本環奈が“天使”から“悪魔”へ! Rev. from DVL新曲『REAL-リアル-』のMVでイメチェン。

TechinsightJapan / 2014年11月25日 19時25分

写真

橋本環奈が所属するアイドルグループ・Rev. from DVLが、12月3日に3rdシングル『REAL-リアル-/恋色パッション』を発売する。それに先行して『REAL-リアル-』のミュージックビデオが公開されたが、これまでとは違ったイメージにドキッとさせられるものとなった。

『REAL-リアル-』のMVではRev. from DVLメンバーが女学生役となり、橋本環奈、秋山美穂、四宮なぎさの3人が、悪魔が化身したと思われる女教師(伊藤裕子)に心を操られてしまう。ダンスシーンでも白い衣装のメンバーの中で、3人だけ黒い衣装に黒い網タイツといったダークなイメージとなっている。

これまで明るくさわやかな路線でやってきたRev. from DVLにとって、大きなチャレンジといえる作品だ。なにより、“天使すぎるアイドル”と呼ばれる橋本環奈がまさか悪魔に操られて友達を押しのけ、ノートやペンケースを踏みつけるなどとは誰が想像するだろうか。

Rev. from DVL初のダブルA面シングルでもある『REAL-リアル-/恋色パッション』には、橋本環奈がアイドルオーディションゲーム、データカードダス『アイカツ!』の2015年シリーズ、スペシャルコラボパートナーであることから、秋山美穂、四宮なぎさと3人による“アイカツ!”コラボレーション楽曲『恋色パッション』も収録されている。

さらに、『橋本環奈×アイカツ!コラボver』Loppi(ローソン/ミニストップ)・HMV盤では、『恋のMonster.』も収録されており、こちらも聞き逃せない。



(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング