【イタすぎるセレブ達】故エイミー・ワインハウスの父、「娘との口論を激しく後悔」。

TechinsightJapan / 2014年12月8日 20時55分

写真

(2011年に急逝したエイミー)

2011年夏に、突然この世を去った英人気歌姫エイミー・ワインハウス(享年27)。そのエイミーを愛し育てた実父ミッチさんが、「娘と激しく口論したことをとても後悔している」と苦しい胸中を明かした。

素晴らしい音楽的才能を見事に開花させたものの、薬物やアルコールに溺れ摂食障害を患った時期もあったというエイミー・ワインハウス。結局はアルコール中毒で他界したエイミーの父ミッチさんが英メディアの取材を受け、このように愛娘エイミーへの対応を振り返った。

「エイミーは、自分が経験していることを僕には話すこともできなかったんです。」
「だってこの僕は、エイミーに向かって声を荒らげたり怒鳴ったりしていたんですから…。僕は、そうやって娘が抱える問題に必死に対処していたんです。でもそれは、決して賢明な対処法ではありませんでした。」

しかし、今のミッチさんは前向きに考えるべく努力を続けているのだという。

「だって、そうでなくちゃ…。そうするか、ベッドに飛び込み布団を頭からかぶるかしかないのですから。」
「毎日僕たちは娘を思うし、すること全てが娘に関することなんですよ。」

そう語るミッチさんは、2011年に「The Amy Winehouse Foundation」を設立。それを通し若者を支援すると同時に、ドラッグやアルコールに関する教育の普及などにも尽力している。エイミーの死を経てもなお愛が消えることはないというミッチさんは、今も娘の存在を感じ「エイミーの声がハッキリと聞こえるんです」「一日中娘に話しかけています」とも明かしている。

※画像は、facebook.com/amywinehouseのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング