「グランドセイコー」からエレガンスコレクション限定モデル

J-CASTトレンド / 2019年3月10日 16時0分

ダイヤルにブランド初の漆芸を採用したモデル登場!

セイコーウオッチ(東京都中央区)は、国産腕時計の最高峰ブランド「グランドセイコー」からエレガンスコレクション限定モデルを2019年3月8日に発売。

初の漆芸を採用したモデルも登場

同ブランドの手巻機械式ムーブメントとしては8年ぶりに新開発されたという小秒針、パワーリザーブ表示付きのキャリバー9S63を搭載したシリーズが登場。

限定モデル3機種のうち、18Kピンクゴールドの2モデルには、ブランド初となる日本の伝統工芸「漆芸」をダイヤルに採用。材料には、希少性が高く耐久性・耐光性に優れているという純国産の漆を使用した。ダイヤルはパターンが透けて見える透漆(すきうるし)ダイヤル(SBGK002)と、奥行きと深い艶のある黒漆ダイヤル(SBGK004)の2種類をラインアップ。それぞれGSのブランドロゴ、12と6のアラビア数字、10か所のインデックスに、金沢の漆芸家・田村一舟(たむら いっしゅう)氏が加賀漆芸の精華とも言われる繊細さと力強さを両立した高蒔絵を施した。

限定モデルSBGK005は、岩手山パターンをレイアウトした気品のあるブルーのダイヤルが特長。また、裏ぶたのサファイアガラスにはブルーの獅子の紋章をあしらった。

価格は75万円(税別)~320万円(同)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング